2009年10月27日

遡上

ironbird_red.JPG

B.C.rich ironbird.
80年代後半から90年代初頭のものと思われる。
アジアのどこかで作られたようだ。

ジャンクだったボディを買って2年。
復活したケーラーを入手して1年。
やっとブリッジとロックナットを交換した。
電装関係が不安定だけど自分でなんとかなりそう。

季節は流れ、ヴィンテージなんかに手を出すようになってしまったが
LoudParkを観て原点回帰。
仕事も。初心の残り滓を掻き集める。

posted by bakune at 03:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

老イヲ感ジタ初秋

fuse.jpg

アンプのセンド&リターンの間に先頃紹介したROLANDのSDE-2000を
接続した。電源を入れたら、なんだかブモーと言い出したので
おおっ?と思っていたらヒン!という感じでアンプが静かになった。
SDEを入れるまでは問題はなかったので、SDEを外して再度アンプを
鳴らそうとするがダメ。
もしや?とfuseを見ると……ああ、飛んでる。
なんてこったい。

とりあえずfuseを交換して、それでもダメだったら
アンプがいっちゃったんだろうから修理に出そうと
思ったが、我が家にはfuseのストックがない。
あるにはあるが飛んだfuseは20mmでストックは30mm。
どうしようもないわ。

購入のためにfuseに刻印された規格を見ようとするが……

うう…
目を細めようが何をしようが読めない。
ボワーッと。
前々から老眼が始まったなとは思っていたが
ここまでとは!
がっくりだ。

それでもfuseは確認しなくてはならない……と
思っていたら、アンプのfuse取り付けスロット下に
見やすい文字で書いてあった。
親切だ。
老眼に優しいBogner Amplifier.
ハーモニー・セントラルに評価を入れておこう。

posted by bakune at 05:22| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

ヴィンテージギターニ手ヲ出ス

この何週間、町田へ何度か往復して手に入れたり
修理したりしたGibson SG standard 1964年。
自分と同じ歳に作られたギターが欲しいというのは
前々からあったわけだけど、60年代前半モノなんてのは
なんであれ高価だ。(50年代よりはいいけど……)

いわゆる「状態の良いフルオリジナル」は、ギターとしては
どうよ?という値段だし、もし手に入れることができたとしても
僕には大切な文化遺産を保管して後世に引き継ぐなどという大役は
果たせそうになく……

そんなわけで、木部とピックアップ&電装系がオリジナルだという
ところだけに拘って今年の頭あたりから探していた。

64SG.JPG

この個体は画像でもわかる通り、ストップテイルピースを付けて
戻した不細工な痕と、ヴァイブローラとナットがオリジナルでは
ないということで相場の半分くらい。
市況の変化を反映して、店が若干値下げしたところに出会った。

フレットもオリジナルだったのだけど、何とか弾けます……という
程度だったので、1週間ほどオリジナル状態を堪能してから
リフレットに出した。

そんなわけでスローなブルースを。




アンプはBognerのクリーンchが歪み始める直前くらいの
セッティングで。
途中のお掃除ピッキングは大まじめにやっていますが
ここでやることはないだろうと自分でも思う。
リズムとの対応がまったく体感できない。



こっちはBognerで歪ませた。ch2。
RangeMasterのクローンでブーストしている。
ソロの音があまり歪んでいないのは誤算。
ドラムとベースとギターがバラバラなのはスルーして
頂ければ幸いでございます。
大音量にビビってこんな感じに。

いわゆるヴィンテージPAF。
なんとも非力なやつ。
(良く言えば「枯れている」)

こいつを歪ませようとアレコレとアンプやらブースターを
いじくりまわすのはロックギター史に参加しているようで
なかなか楽しい。

Black sabbathの古いライブ盤で聴けるような
ギター側のボリュームを絞った時の、ちょっと濁った
クリーントーンが自分にも出せるというのは
かなりシアワセなことだ。

さて、また働こう。
ムスコにピアノを買ってやらねば。
嫁も一緒に弾いているが、楽しそうだ。
posted by bakune at 10:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

円高ドル安ニ乗ッテミル vol.2



なんだか知らないが世界的にバダスブリッジが不足しているらしい。
主要なショップは在庫切れ。
再入荷を問い合わせても未定。
海外のショップも同じような状況だ。
In Stockって書いてあるからヤッホー!とクリックしたのに
在庫切れだよん…と返事が来る。

ebayやヤフオクには少々出ているが、僕が欲しいのは
クロームじゃなくてニッケルなんだな。
クロームってピカピカでなんだか照れくさいもの。

73jazzbass.JPG

というわけで僕のゲディ・リープロジェクト頓挫中。
このベースは、ああ、探したなあ。
年代的には結構見つかるけど色の組み合わせに
拘ってしまうとなかなか見つからない。
結局アメリカの「うちは投資対象になるグレードの
ものしか置いてないよ。ebayに出ているようなのと
一緒にしてくれるな」と言い張る店で見つけた。
なるほど、とても綺麗だし、セッティングもばっちり。
届いた時は近年モノで騙されたかと思ったくらいだ。

「おやじさん、すごいです!」とメールしたら
「そう言っただろ?」と返事が来た。

だいたいこんな陣容で決算を迎えることになります。
情報等、ご協力下さった方々、ありがとうございました。

それにしても今期はちょっと働きすぎた。
でも、オファーがあれば引き受けてしまう悲しいサガ。
来期はゲップが出るほどの設備投資じゃなくて
預金に回したいがどうすりゃいいんだ…

いずれにせよ、来期もよろしくお願いします。


音源:
ゲディ・リーとはまったく関係ないが、レッチリみたいの…と
思ったらFREEもどきになったので開き直ってベースを
録り直した。
アンディ、むずかしす。なんだあのノリ。
ギターは…覇気がないです。梅雨だもの。



posted by bakune at 02:35| Comment(10) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

心ノ旅(嘘)

土曜日の旅


g_stand_space.jpg

ぽっかり空いた心とギタースタンドの隙間を埋めるために....

omrice.jpg


嫁の運転で90分ほど離れた町へ行きオムライスを食べ....

gt_musuko.jpg

ギターを買った。
ムスコよ。父は早く家へ帰りたいぞ。
鬼太郎シールで遊んでる場合じゃないぞ。
帰路にケースを開けたい人の気持ちがよーくわかった。

Sgs.jpg

こんな感じ。
毎年この時期は決算を控え、出入りが激しい。
なんとか「おれと同い年シリーズ」を完結させたいがキツイなぁ....
コレクター街道を行く。

posted by bakune at 17:04| Comment(10) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。