2010年03月27日

ギター練習ノ友

logo.jpg

こんなサイトがあるんですね。

http://www.guitarbackingtrack.com/
便利だ……
モロに打ち込みっぽい音で、そういうのが
気になる人はダメかもしれませんが
メトロノームに合わせて弾くよりはいいかも。

弾きたい曲がない場合でも
Jの中にあるJamtracksてのを選べば
3コードブルースとかベーシックなものが
入っているようです。
ま、CDに合わせて弾けばいいのでしょうが
そもそも入ってるギターが邪魔だったりしますので...



粋なコード進行のこの曲に何度目かの挑戦。
メジャーペンタとかコードトーンを意識して
ワケが分からなくなった演奏。
posted by bakune at 22:20| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

祝、合格、卒園、卒業、新築、進級

char_body.JPG

Charvel / CUSTOM PRODUCTION Custom So Cal Modern
チョイ傷特価。

友人の娘さんがファンタジックな大学に合格したので
めでたさの御相伴にあずかり(?)お祝い購入。
ネットで存在を知り、クライアントにお邪魔する直前に
店で試奏して、セッティングの変更と発送手続きを済ませ
翌日受け取り。

奇しくも嫁の誕生日で非常に気まずかったという逸品。
しかも、開梱している時に車検の見積りを受け取って
とても衝撃を受けたり。

IMG_2418.JPG

Jacksonにしろ、このCharvelにしろ、Fenderの工場の
片隅でしこしこ作ってるんですかね。
ヘッドのカスタムショップの文字がJacksonのと
同じで少し寂しい今日この頃。
(Fenderも同じだった気がする)

BognerのblueチャンネルにMajik Box(オーバードライブ)の
歪みを加えまして、ミュゼットジャパンにしてやられた音であります。



Gary Mooreを狙ったんですけどね。
なんか違いますね。
走ったりもたったり忙しいこと...
途中で演奏止めてるという自宅派ならでは。

最後までチョーキングしなくちゃ
最後まで揺らさなくちゃ
そんなことをしみじみと思った久々の録音。
録音さえしなければ結構気持ちいい。
posted by bakune at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

Tokai SG


昨日のブログは典型的な中二病を発症してますな。
お恥ずかしい限り。

tokai_sg.jpg

たしか先月、中古のSGを手に入れました。
初めてのTOKAIです。
ここ10年以内に製造されたものということですが…
日本製かOEMものかは謎。

本家ギブソンよりちょっとばかり指板のRがキツイような
気がしてます。僕は平らな指板に慣れているので時々弾きにくい。
が、なんとかならないほどでもない──
とにかく、このペイズリーさえあれば多少のことは目をつぶりましょ。

音は暴れん坊なイメージです。
PUもTOKAI製だと思いますが、Gibsonの57classicより賑やかかも。
でも、同系統だと思うのでPAF系ってことなのでしょう。

ところで、これと先日のSpecterは73年製のジャズベを委託に出して
それが売れたお金で購入したのですが、いいですねえ、委託。
もう下取りには出せません!

posted by bakune at 10:56| Comment(3) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

Spector 2本目

87spector.JPG

買ってしまいました。
87年製のSpecter。いわゆるKramer期モノです。黒い方。

これを手に入れるまでの経緯は何やらのび太じみていて
恥ずかしいので割愛。
野比くんちと違ってうちにはドラえもんはいないので
自分で買うしかなかったのです。

で、ナチュラルのは以前から持っているチェコ製の。
たぶん90年代のもの。
これはこれで全然悪くないのですが、ベースやらギターってのは
何本有っても困るものじゃないですから──ホントか?

録音してみました。
最初が87で次に同じフレーズを弾くのがチェコ製です。
まったく同じセッティングで録音しているのですが
チェコ製の方が音がかなり大きかったので録音後に音量を
調整しています。
音がびびっているのは、かなりのストレッチが要求される
フレーズなので、僕が弦を押さえきれていないからであり、
ベースが悪いわけじゃありません。



録音してから気づいたのですが、チェコ製は電池が
切れかかっているのかもしれないです。すまん、チェコ。


先ほど、改めてジャコのPortrait of Tracyを聴いてみました。

ああ、なんてシンプルな僕の肖像。

posted by bakune at 04:01| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

Gretsch DUO JET

duojet.jpg

Gretsch DUO JET 1969年製

昨年の秋に一目惚れして──
直後僕は変形回帰してしまったのだが──

いろいろ難有りで、すべてリペアすると10万近くになるとのこと。
当時の僕は払うつもりでいたのだろうな。
今は、何を仰るウサギさんだ。

現状で録音してみた。



アンプ類は全部POD。
最後だけストラトなのだけど、Gretschのこのあたりのポジション
(10フレット)から上はフレットがほとんど摩耗して
ロックギター的なことは何もできないという──

しかしこのルックス、捨て難い。
変形というか、我が家においては異形ギター。
うーん、再生したいなあ。
posted by bakune at 18:03| Comment(13) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。