2009年08月09日

柑橘系アンプ

orangeMcrush.JPG

Orange Micro Crush

楽器屋に並び始めたころから
「ああ、これはいつか買ってしまうのだろうな」と
思っていた。
この類のミニアンプ(おもちゃ)は各社出していて
それぞれミニチュア好きにはたまらない外観をしている。
その中でもこれは群を抜いていると思う。

さてさて。
ミニアンプは「鳴ればいいじゃないすか」みたいな
投げやりな音がするのが常だが、これも同じかな。
なんと言っても小口径スピーカーだからね。
普段12インチ1発とか4発に慣れていると
どうにもならない。

でも、ま、ポチっとスイッチ入れてすぐ鳴るのは助かる。
アンプなしでペケペケ弾くよりはずっといいような。

しかし、買う前はちょびっと期待していた。
だって、クリーンとオーバードライブの2chだし
チューナー内蔵だし、ヘッドホン端子だってついている。
しかもアダプターは9〜12Vまで使える。
利便性と拘りの両方を追求している(ように思える)


深夜に箱から出して、弾いたのも深夜なので
極小音量しか出していない。
画像のボリュームくらいだ。悲しい。

ヘッドホン端子から音を録ってみた。
アルペジオはクリーントーンのつもりだ。
スピーカから鳴らした時はクリーンだったが
ヘッドホン端子からだとこんな音になっちまう。
ソロを弾いているのが、オーバードライブchだ。
スイッチのON/OFFだけで、歪みの量の調節は
できない。
(おそらくボリュームを上げるともっと歪むのだろうけど
 試していない)


ヘッドホン端子を使うとスピーカーの音がカットされるので
もっと音量を上げても良さそうなものだが……
超高周波ノイズが入ってしまう。
たぶんヘッドホン端子がいけない子なのでしょう。

この音源は電池駆動だけど12Vを使うと
もっとヘッドルームが広くなって、クリーンも
いい感じになるのでは……と期待したり。
そのうちSPからの出音をマイクで録音したいと思うが
そんなことしてどうなるのだというのも正直な気持ち。



ああっ!
本物が欲しい!
posted by bakune at 01:43| Comment(10) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

初メテノアルゼンチン

6C10.JPG

fender/Super Champのパワー管以外を全部変えたいと思った。
で、Super Champには6C10というかなり特殊な管が
使われている。
これが回路設計のキモになっているそうだ。
なかなか手に入らないことは知っていたが……

まず、ネットで調べて、在庫があるとかASKになっている
店に電話をかける。
最近はせっかち度に拍車がかかり、メールの返信が
待てなくなってしまった。

在庫があると謳っていても「足もと見ちゃったよ価格」だったり
そもそもなかったり。

海外通販に頼る。
あっさりebayで発見!
値段は送料込みで1本5000円くらい。
高いのか安いのかわからん。
が、日本の店で提示された額の半分以下だ。

在庫は5本と書いてあったので
じゃあ、保険かけたつもりで2本!と思ったが、
店がアルゼンチンにあるのだ。

俄然不安になってくる。

結局、1本だけ注文した。
本当に届くのか?

注文から到着まで1週間かからなかった。
Fast Shippingでgreat Packing、A++++++だ。

私の中の偏見が露呈する。

今回の真空管交換の趣旨はLEADチャンネルのゲインを
下げたいというあたり。
そういう意味では6C10を換えても意味がないらしい。
他のECC83をゲイン低めにすればいいようだけど
まあ、せっかくなので……

早速交換!と思ったら、現在の手持ちのECC83は
ハイゲインばかりだということを知る。
仕方ない。そうやって生きてきたからな。

ローゲインなのをネットで探す。
こっちはすぐに見つかったのでオーダーした。
明日あたり届くのかな。

アンプ単体だと、ゲインを上げて、2弦の15フレットを
チョーキングした時に気持ちいいくらい歪ませると
6弦開放をパームミュートした音がブーミー。
(ブーミーという言葉を始めて使ってみた)
そもそも出している音量が小さいので、バシュっと
抜けることなど期待していないが、ブモブモ鳴ったのでは
まったくやる気がでない。

これを解決したいのと、有り余るエフェクター資産を
有効活用したいというのがそもそもの始まり。

すべてうまくいきますように。

posted by bakune at 01:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

反省ノ弁

Qy100.JPG

YAMAHA QY-100

内容がまとまらなかったので書きかけのまま
アップしてしまうのだ。

【昨日書いたバージョン】

YAMAHAのQY-100が中古で安かったので購入。
新品4、中古相場2.8、それが1.98だったので大喜びで購入。
SGを買った店なんだけど、ここはデジタルものがとても安い。
理由を問うと、あまりよくわからないから早く売ってしまいたい…と。
下取りで入荷があってもWEBにはアップされないので
店に行かないと在庫状況がわからないのが難点だが…

このQY-100、10年前に発売されたのでまだ現役。スゴイことだが
盲点があった。
記録メディアがスマートメディアなのだ。
もう売られていないなどとは知らず、近所のそれっぽい店や
amazonその他通販ショップで探す。
置いてある店もあるが、たいてい128Mなのである。
しかしQY-100は32Mまでしか使えない。

少し前までカメラ用に何枚かストックがあったのに義兄に
あげちゃったんだよな…と思い、ああああ、こういう時こそ
オークションだと気付く。
なぜ最初に気付かない。

んで、安く購入。オークションもやはり128Mが主流で
ヤバイと思ったが、16Mを2枚入手できた。

しかし、実際のところ練習用に使うつもりなので
あまりパターンを作ってSAVEなんてことは
しないのだろうな……

【1週間前に書いたバージョン】

これはYAMAHAのQY-100というリズムマシーンというかシーケンサー。
10年くらい前に発売されて未だ現役で新品は4万円と少し。
僕は5年くらい前に宅録めいたことを始めようとした時に
ドラム担当として購入した。
※実際はドラムだけじゃなくて様々な音源が入っていて
 アンプシミュレータまで内蔵しているので、使いこなせれば
 相当なところまで行けてしまうマスィーンだ。

しかし、購入してふた月ほどで、僕はDAWに移行してしまい、
その時にドラム音源もついてきたのでこのQY-100は
使わなくなってしまった。

コレ一台とパワードモニターあるいはヘッドホンで完結する
練習グッズとしても非常にすぐれていたのだが、使い方を
習熟していたわけではなかったので、弾き始めるまでに
時間がかかるという…

ほどなく相棒が持っていたエフェクターと交換して手放す。

すると相棒、これを駆使して曲を作ってくるんだな。
ベースだけは自分で弾いて、あとはギターもキーボードも
QY-100に演奏させて。

すげえ! QY-100ってこんなことができたのか!?と
そもそもドラム音源としてしか考えていなかった僕は驚愕したものだ。
(もちろん、駆使する人間がスゴイんだけど)



【結論】
内蔵のアンプシミュレータが記憶の中ほど良くなかった。
だからサンズアンプに通したギターとQY-100の音を
パソコンに入れてモニターしつつ練習する。
で、音がパソコンを通過するということは、すぐに
録音できるってことなので、ついつい録音ソフトを
立ち上げてしまい曲作りっぽいことが始まるのだ。
するとこのソフトとQYを同期させたくなるのでMIDIケーブルで
接続し、まずます練習という目的から離れていく。
で、QYより操作が簡単なドラム音源はPCに入っていると
いうわけであり…
いちいちパソコンを立ち上げたくなかったから
QYを買い戻したというのに…

Drbeat.jpg

これで良かったんだよな…

CDに合わせて弾けばいいのだろうけど、そうなると
今度はコピーがメインになっちゃうんだな…
練習から逃げようとしているだけという気がしてきたわい。
ギター弾いている時間が長い割には、ダラダラ弾きが
多くてなんとかしたいと思ったのだけど…

忙しくて、他にやることが多くて全然弾いてなーい!だと
上達しなくても当たり前だから安心なわけで…
でも、そんな安心はいらんし…

ま、久々に反省しているのだ。
どれくらいかというと、嫁に懺悔するくらい。
「僕の部屋には無駄なものなど何もない」神話が崩れた。

この文章のダラーっとした長さが、時間を使っている
わりにはうまくならないギターに通じている気がする。
悲スィ。
posted by bakune at 05:59| Comment(8) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

英国ガ好キ

ssl_pre.jpg

Solid State Logic Xlogic Alpha Channel

うーんと、事の次第を報告すると…

家でアンプから大きな音を出せなくなったので
(理由は不明。心理的なリミッターがかかってしまうように
 なった。これはこれでちょっと不安)、オーディオインターフェイスに
ついているプリアンプだけでは十分なレベルでギターの録音が
できなくなってしまった。
もちろん録音してから音を増幅すればいいのだけど
それだとノイズまで増幅されるので困りもの。

というわけで、マイクプリアンプを探していたのだ。
マイクで集音したものをここで増幅してオーディオ
インターフェイスのライン入力に入れようという作戦。

真空管信者の僕としては、真空管を搭載したマイクプリアンプを
幾つか試していた。
「ふくよかな」とか「まろやかな」とかいううたい文句に
惹かれるわけだ。
しかし、僕が録るメインはギターであって、そのギターの音は
バリバリの真空管アンプから出ているわけで、そうなると
どっちかというと、それをソリッドに録音したいという
欲求の方が高い。
プリアンプよ、増幅以外の何もしてくれるなという感じだ。

それに…やっぱり昨今のDTM向けに出ている比較的安価な
真空管を使ったプリアンプは、どうもノイズが気になる。
さらに言えば、真空管を使って歪ませるシステムが
のっかっているのだけど、いまいち使い勝手が悪い。
なんか、ジョンジョンというかボゾボゾというかネチャっというか
そんな感じの歪み方なのだ。
試行錯誤が足りないのだろうけど、まあ、根性無しだし。

というわけで買ったり売ったりまた買ったりを繰り返して
辿り着いたのが画像のSSLのチャンネルストリップ。

僕にしては珍しくお店の人に相談した。
もうわからんので、なんか薦めてくだされ、と。

決め手は…Solid State Logicという名前のカッコよさw
英国の歴史ある名門ブランドという僕的たまらない肩書き。
そして、数年前にSSLのオーナーになったのは、あのピーター・ガブリエル。
もう、世界観的にたまらん。
実際、ピーガブが共同オーナーになってから、この手の
一般宅録オヤジにも手が届く商品が出るようになった。
やるな、ピーター。ショック・ザ・モンキーだぜ。DIYだぜ。古いか。
ケイト・ブッシュと抱き合って歌っているPVを見てから
許せない男上位に上がっていたが、取り消しだ。

instrumental入力端子があるのでそこにジャズベをつっこんで
弾いてみたら、ヤッホー!な音が録れた。
シンセも通してみた。
夜中になってしまったので、ギターだけSansamp。
そのSansampもSSLに通した。
なんでもかんでも通したる。グリコ許したる。意味不明。

ついでに音源も意味不明だけど、ベースの音は良いと思う。
ブリブリのリアPUの音。
ギターは…例によってやりたいことに腕が追いつていない。
まあ、そんな感じです。
興味のある方はどうぞ↓



って、結局まだマイクプリアンプとしては使っていない…
posted by bakune at 05:58| Comment(9) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

デジタルノ罠

minimoogVmaple.jpg

arturaのMinimoog V。
音源ソフトなんだけど、サンプリング音源じゃなくて
プログラムでミニムーグの挙動をシミュレートする。
想像がつくでしょうが、アナログ回路のシミュレーションは
プログラムがかなり重くなる。
音色にもよるのだけど、他にも音源を使っていたり
VSTのプラグインを多数使っていると、結構キツイ。
僕のパソコンはかなりパワーがある方だと思うけど
それでもCPUメーターはかなりイってしまう。

たくさんプリセット音が入っているけど
もちろん自分でゼロから音を作ることもできる。
しかし、画像のグラフィックのツマミを、マウスで
操作することになるので、これは老眼が始まった
僕には辛いのだ…

結局、こういうものは便利ではあるけれど
本物が欲しくなってしまうというワナ。
ツマミをグルグルしたい。


音源
Gibson SG STD
Bogner XTC
Minimoog V
Sampletron
ループ音源(スネア)

キーボード類はMIDIキーボードで演奏してみた。
後でMIDIデータを修正しようと思ったが
最初の方だけやって力尽きた。
そもそもギターがずれているのだ……



マイク・オールドフィールドに捧ぐ(笑
posted by bakune at 05:28| Comment(8) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。