2010年03月07日

昨日見タDVD






僕もエフェクター作ってみたいなと簡単で安価なキットを探していたら見つけたDVD。
もとは映画なんだろうか。映画館で上映されたとは思えない。
ドキュメンタリなんだけどNHKスペシャルともディスカバリーCHとも違うノリ。
FUZZを中心とした「歪み」エフェクターに関して、使用者、販売者、
製作者が次から次へと登場して思いを語る。製作者がメイン。
有名どころでは、しゃべるキーリーやマイク(アナログ)氏も登場する。あとはZ.VEXのアノ人。
音もちょっとは聴けるが、音自体は全然主役ではない。

面白いのは、制作者もやっぱりコピーから入るんだなってこと。
新しい音を作りたいというよりは、入手困難なアレを再現したいとか、ネットで回路を手に入れたからとか...
他にも、製作者から見た現在の状況──有名ギタリストが使ったから
売れるのとは別次元で、ネット上の情報で売れたり、売れなかったりとか、ミュージシャンじゃない人たち(僕みたい奴)の功罪とか、時に耳に痛かったり。いわゆるブティック系とかガレージ系の人たちがほとんどで、みんなごちゃごちゃ文句めいたことを言いながらも楽しそうで良い。エレハモの社長と工場の様子は笑える。

何の断りも説明もなく様々な固有名詞が登場するので、ベーシック+αの知識がないとなんのことやらわからないと思うけど「はたらくおじさん」の働くところを見せない版でも良ければ楽しめると思う。

音作りの参考になどまったくならないと思うケド、この、少々へんてこりんな世界に自分が客として参加していることが自覚できて面白かった。

posted by bakune at 04:30| Comment(2) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

whirlwind Rochester Gold box Distortion

whirlwind.JPG

whirlwind Rochester Gold box Distortion

Distortion+ 失われた真実のトーン、復活。
MXRの創始者、マイケル ライアコナ本人の手による
Original MXRレプリカ、whirlwind 「Rochester」シリーズ。

1973年のリリース以来、数え切れないほどのギタリストを虜にした「あの」トーン。
時代の荒波に飲まれ、徐々に失われていった「あの」輝き。
いまや、ヴィンテージとしてプロフェッショナルからマニアまで垂涎の的となっているオリジナルMXRのトーンが、遂に制作者本人によって復刻されました。

製造工程からトーンに至るまで徹底的にオリジナルにこだわると同時に、全機種トゥルーバイパス、LED、DC9V入力端子を標準装備。
過去の栄光に囚われるだけでない、マイケルのプライドと感性が溢れるペダルに仕上げられています。


以上、代理店による解説引用でした。

現行Distortion+と比較しようと思ったのですが、何故か見あたらない。
売ったりはしてないはずなんですが……
古い奴は調子悪くてダメでした。泣ける。

というわけで、ただ録音してみました。
機材は──

Gibson SG
whirlwind Gold box
Marshall JCM800

Gold Boxのセッティングは画像の通り。
アンプは、リフの時はほとんど歪んでいません。
Priamp Volume 5
ソロパートはアンプ側でもかなり歪ませています。
Priamp Volume 8

アンプのセッティング次第ではザクザクもいけますが相応のノイズを
覚悟しなくてはなりません。

歪みがきめ細かいというのでしょうか、かなり気持ちいいです。

バイオリンでメロディが入っているのですが、脳内でオジーの声に
置き換えて頂くと意図がわかりやすくなると思います(笑)
ギター全般、もう少し練り込んで練習すれば良かったのでしょうが
近所迷惑な時間になってきたので──弾き逃げ:-)


posted by bakune at 21:16| Comment(9) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

携帯電話ヲ買イニ

久しぶりの打ち合わせ。
病院以外での外出も久しぶり。

lostmoyai.jpg

渋谷。
ルパンよ、早くモヤイ像を返しておくれ。

打ち合わせ終了後、兼ねてからの懸案だった
携帯電話の買い換えに行く。

店の、やたらとFを勧めるお姉さんに逆らって
SHの新型に決めたが欲しい色が在庫切れだった。
ヘビメタ的に許される色は限定されているので
こういう時、ちと困る。

それよりなにより、携帯電話っていつから
あんなに高くなったのだ。
おじさん、ちょっと驚いた。

別のショップへ行こうとフラーッと歩いていたら
何故か…いや、確信犯的に楽器屋へ。

リバーブが欲しいなと思っていたのだった。

digi_rev.jpg

Digitech RV-7
店員さんお奨めはコレ。
(結局買ってるが)

デジテックには何度か裏切られているので
「ええ?デジテック……」と思ったが試奏してみると
これがなかなか楽しい。
しかし、正直に告白すると、試奏時の楽しさ以上に
決め手になったのはこのロゴ。

lexicon.jpg

このブランドには逆らえない……
(Lexiconがどう関係しているのかはわからん)

スプリングリバーブのような効果音的使い方を除いて
ライブやら録音でリバーブがどう活躍するのかわからないけど
家で過剰にホールリバーブをかけて演奏するのは楽しいのだ。

しかしこれでしばらく携帯電話は今のままだな。


幾つかあるモードのひとつ、モジュレーション・リバーブで
大甘シュガーコーティング。


posted by bakune at 03:16| Comment(11) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

渋谷ノ中心デ己ニ負ケル

shibuya_taxi.jpg

我が家への バスだけ来ない 迷い駅

我が家最寄りの駅は渋谷から電車で10分ほど。
しかし家から駅まで徒歩15分くらいかかる。
引っ越して来た当初は10分で歩いていたのだが、これいかに。

で、渋谷からバスに乗ると20分から30分かかる。
時間は電車より多くかかるがバス停から家までは2分。
楽だ。

しかしこのバス、電車とほぼ平行して走るせいか
本数が他と比べて若干少ない(ような気がする)。

そしてタクシー乗り場には客待ちタクシーの列。

先月後半から今日までにアンプだの、ヴィンテージ真空管だの
エフェクターだのを買ってしまったおまえには
タクシーに乗る余裕はないぞと言い聞かせる。

結局タクシーに乗ってしまった。

罰として2駅手前で降りて歩いた。
家まで30分かかった。
お金も時間も余計にかかった。

我が人生に悔い無しと言い張ってみる。

実に小さい話だ。

大きな話をしよう。

前原大臣の「羽田空港ハブ化」発言に対する
成田市の長や県知事のコメントをガンガン流している
テレビ局の人々は9割方、羽田から日本全国だけじゃなく
世界中へ行けたらそりゃ便利だなあと思っているに違いない。

と、大きな話は僕には無理だ。

僕らしい話をしよう。

majikbox.jpg

Majik Box Rocket Fuel
オーバードライブ+ブーストペダルですな。
Doug Aldrichという冠が商品にとって良いのか悪いのか
チトわからないのですが。

こりゃ、そこそこ歪むアンプを持っている人にとっては
かなり満足できるものであると思う次第です。
安くはないものなので、家に使わないブースターや
オーバードライブ、または勢いで買ってしまった
飛道具系が眠ってる人は下取りに出して買ってみるとか。


http://majikboxusa.com/RocketFuel.htm
オフィシャルサイトのサンプル音源はこれでもか!と
分厚い音を出すように作られたようですが、もう少し
繊細な音も出ます(笑)

posted by bakune at 01:39| Comment(7) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

夏ノ思イ出【SDE-2000】

SDE2000.jpg

ROLAND SDE-2000

夏前くらいから出入りしている
「デジタルものはよくわからないから安くして
 さっさと売ってしまいたい」という
素敵なポリシーの店で見つけて気になっていた。

このSDE-2000のことを悪く言う人はあまりいない。
もちろん欠点は少なからずあるんだろうけど
それを語っている人々の言葉には愛が感じられるという
初期のMacのような存在か。

8月の始めにコンサートの仕事をした。
(もちろん演者じゃない)
んで、その時に出てくれたギタリストの機材の中に
SDEが入っていた。(2000か1000か3000か確認せず)
セッティングの様子を見ていたら、ラックに
入っているとはいえ、ガコンガコンとずいぶん乱暴に
扱われている。
ギタリスト氏に聞くと
「本当はよくないんだけど、みんな忙しいから
 仕方ないんですよ。でもね、ローランドと
 ボスは壊れないですねえ」とのこと。
やっぱりプロの機材は頑丈なことが大前提なのだな、と
再確認した次第。

さて、店では気にならなかったけど、SDEが家に来て
驚いたのがその奥行きだ。
昨今のラックのディレイ系は概ねこの半分くらいだ。

画像のSDEの上にあるのはBOSSのDD-7。

SDE-2000の発売から30年弱。
そんだけの時間をかけて同等か、それ以上の機能を
持つものがコンパクトサイズになったということだろうか。
技術の進歩ってのは凄いな。
(音の違いはおいといて)

肝心の音なんだけど……まだ出していない。

最近はすっかり生活が昼夜逆転してしまって、なかなか
正式な作法に則ってギターを弾くことができない。
(エレキギターの作法ってのは、アンプにぶっ込んで
 そこそこの音量で鳴らすことだと思う)

今日はこのまま起き続けて、仕事して、ギター弾いて
早く寝よう。
真っ当な生活をしないとギターライフも充実しない。

はっ!?
たった今、津波のような睡魔が!


posted by bakune at 07:05| Comment(4) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。