2010年04月22日

MOTU ZBOX

motuhiz.JPG

MOTU ZBOX
※ミクラスはサイズ比較用のつもりでしたが意味ないデスね……

通常、オーディオインターフェイスやミキサー、ワイヤレストランスミッターなどの音響機器に装備されているギター入力(多くはInstrumentやHi-Zと表記)のほとんどは、単にハイインピーダンスの仕様になっているだけで、実際のギターやベースアンプの入力回路と異なります。このことにより、ギター本来のサウンドをDSP処理できず、明る過ぎるもしくは細くなるなど、不自然さを生む原因となっています。この問題を解決するため、コンピューターベースのオーディオ処理において市場で最も長い歴史と経験を持ち、現在もなお最もグローバル対応したオーディオインターフェイスを供給し続けるMOTU社が出した結果がZBoxです。
以上代理店の説明より抜粋


というわけで最初がエディロールのオーディオインターフェイスのHi_Zインプットを
使って録音してまして、次がこのZBOXを使っています。
バックのアルペジオを弾いているギターがそれです。
(短音の方は同じトラック)
全ての音はアンプシミュレータ(Guitar Rig3)を通っています。






なるほどZBOXを使った方が面倒くさくないです。

僕のようないい加減な弾き方をしている人間だと
かなりの頻度で音(倍音構成)が変化してしまいます。
(この、ストラトキャスターのような敏感な楽器だと特に)
すると、アンプシミュレータは入力された全ての音に反応するので
その「適当さ」が増幅されるわけです。
ブギャーとかフギャーという音が鳴ってしまいます。

それをこのZBOXは緩和してくれるようです。そんな気がします。

「アンプシミュレータを使った時に起こる面倒くさいことを軽減する装置」という
位置付けかなあ。
今日はアンシミュを使うから……今日はアンプだから……の差を無くす装置という
点では謳い文句の通りだと思いますが、でもねえ、Guitar本来の音って
なんだという話ですよね。
軸足をどこに置くか、あるいはもう思想の問題。

今回の授業料5000円。





posted by bakune at 07:21| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミクラス
1cm〜40m(笑)

コレ気になってたんで
ベースでも「実験君」願えませんでしょうか???
Posted by Wolfey at 2010年04月22日 08:25
■Wolfeyさん
BASS編気長にお待ち下さ〜い!
Posted by bakune at 2010年04月22日 09:31
あ、アコギも興味あります。(便乗)
Posted by サダー at 2010年04月22日 22:06
■サダーさん
うち、コンデンサの貼り付けTypeしかないのですが、それでも使えるんでしょうか。
いや、使えるんだろうな...
Posted by bakune at 2010年04月23日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147346021
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。