2010年02月15日

服装問題ジャナカッタノカ

国母選手。
服装くらいでどうしてあんなに言われなくちゃならないのかと
思っていた。
オリンピックに出られるのはいいけど、それと引き替えに
あのジャケットだかを着なさいと言われたらそりゃ萎える。
加えて普段しない人間にとってネクタイはどんなに
不愉快なモノかというとそりゃもう。
(そういう理由で緩めてるわけじゃないだろうけど)

ちなみに僕は冠婚葬祭には常識的な格好で行くけど
靴下だけは派手なシマシマだったりすることが多い。
いや、葬は別か。
──僕のことはどうでもいいか。

あの格好が醜怪だったとしても、こんなに大騒ぎにするのが
どうかしてる。大事な試合前に。
ダメだったらほら見たことか、好成績でも朝青龍コースが待っている。
不満の捌け口を探しているのか。

──などと思っていたら、なるほど、あの記者会見はイカン。
※テレビでまとめて流していた。特集か(笑)

「ちっ、うるせーなー」とかは記者嫌いの僕としてはある意味
痛快だったのだけど、それ以外の、代表選手に対する真っ当な質問にも
ちゃんと答えられない。
ダメな子だったのか。おじさん、ちょっと残念だった。
(ああいう、ヘビーメタルと仲良しの競技は好きなのだ)

その後の、橋本団長?と一緒にやった記者会見は一転して
神妙な顔つき。言葉も選んでいる気がした。
「うるせーな」の時とは別人のようで、いったいどんな
説教や恫喝があったのかと思うと怖い。
ま、現地入りしてからの出場取り消しは痛いし、恥だよね。
きっとスキー連盟からの追放みたいな話もあったんだろうな(邪推)

このスキー連盟もちょっと一言言いたくなるのだ。
連盟はスキーの聖域を侵略したスノーボードなんて
最初から大キライに違いない。
仕方ないから、あるいは金になるからスキーの仲間に
入れてやってるくらいの意識じゃないのか。
スキーの選手だったら扱いは違ったんじゃないだろうか。
会長だかなんだかがあんなこと言わなければ
世間の「物言う人々」が「あれはアリなのか?」と騒ぐ程度で
終わったのではなかろうか。

スポーツを本格的にやろうとすると、この手の組織に
登録しないといけないらしい。
そしてこういう組織はどうにもこうにもインチキ臭い。
凱旋帰国した主役を端っこに置いて記者会見したのは
何連盟だっけか──忘れた。

ああもう。
オリンピックで夜明かししてしまい、仕事は進めねば
ならず、しかし書けず、でも眠ったらイカンので
こんなことを書いている僕が一番残念でインチキくさい。
posted by bakune at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。