2009年12月24日

ムスコノ試験


ムスコがスイミングの進級テストにパスした。
これまでに2度失敗している。
彼は3歳の時から何度もこのテストを経験しているが
これまで一度も、テストだと意識して挑んだことがない。
ただ普通に泳いでのほほんとパスしてきたのだ。
しかし、今回の進級はなかなか難しいらしく2度の
失敗は初めてのこと。
クラスで仲良くなった友だちは次々とパスして
上のクラスへ行ってしまい、他の子はみんな自分より
年下ばかりになってしまった。
その状況はムスコなりに悩ましいことのようで
時にはスイミングに行きたくないと言い出すことも。

当日も朝からとても気にしていた。

ムスコ「パパ、ぼく、今日合格すると思う?」
僕  「最後まで泳げば大丈夫じゃないの?
    この間は途中で立っちゃったんだろ?」
ムスコ「最後まで泳げるかなあ」
僕  「いつもなら泳いでるでしょ?」
ムスコ「でもねえ、今日はテストなんだよ。
    テストは難しいんだよ」
僕  「大丈夫だよ」
ムスコ「どうして?」
僕  「だってこれまでいっぱい練習したんだから
    その通りやればいいだけだからね。
    特別なことは何もしなくていいんだよ」

ムスコ、半信半疑のまま学校へ。

嫁  「ムスコ、失敗したら泣くわよ、きっと」

まあ、そういう経験は無駄じゃない。
とは言うものの、やはりこっちもドキドキするわけであり。

帰宅したムスコ、風呂で息継ぎの練習をしたいと言い出す。
スイミングへ行くまで時間もないし、だいたい風呂で
練習はできない──ということで、普通にやれば大丈夫だよ、と
送り出した。心細そうな顔で出ていった。

90分ほどして嫁だけ帰宅。
ムスコは公文へ直行だ。忙しい奴。

嫁 「合格したわよ!」

腰が砕けるほどホッとした。

僕はそのまま忘年会へ行き、朝まで?飲んだ。(記憶がない)
ムスコと顔を合わせたのは翌日の夕方だった。

僕  「合格したんだって?」
ムスコ「まあね」

まあね、かよ!

この先、こういうことが何度もあるのだと思うと──
もっと重要な試験の場に彼を送り出すのだと思うと──
ああ、やだやだ。

posted by bakune at 02:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言えば・・・・
娘の試験とかで緊張した事がない!?!?

のんきな親です(^O^)v
Posted by Wolfey at 2009年12月24日 07:16
合格おめでとうございます!

>「まあね」
照れてますね〜(笑)
Posted by 地味・・・偏 at 2009年12月24日 09:29
■Wolfeyさん
そうでしたっけ(笑)

■地味・・・偏さん
ありがとうございます。

>照れてますね〜(笑)
そのようですね。
感情の種類が増えたようで、興味深いです!
Posted by bakune at 2009年12月24日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136415933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。