2009年01月14日

ムスコカラ手紙ヲモラウ



「おいでよ どうぶつの森」(DS)ちう大ヒットゲームがありまして
ご存じない方への説明が難しいのですが、ようするに
仮想世界の住人になって、のんびり過ごすというものです。
ステージクリアとかボスを倒すとか、そういう到達ポイントはなくて
草花を育てたり、魚を釣って売ったり、村人と交流したり、そりゃあもうのんびりしたゲームです。
明確な目的やゴールがあるわけではないので
自分で楽しみを見つけないとちょっと辛いのですが。

このソフト、ムスコが親戚のおにいちゃんから
1年ほど前にもらってきました。

しかしこのゲーム、ひらがなとカタカナが読めないとチトつらい。
だからムスコにはまだ無理だろうと思っていたら、なんだかゲラゲラ
笑いながら遊んでいる光景を何度か見かけて数ヶ月。
時々嫁から「ムスコの村、見てみてよ」と促されていましたが、面倒だったのでスルーしていました。
ある日、フと思いついて覗いてみました。

すると……

木は全部切ってしまい、花も草も抜かれてしまった荒涼とした村が
そこにはありました。
ムスコの部屋を見ると、冷蔵庫だけがポツンとあり、中を覗くと
「おくすり」が幾つか。

僕「これ、面白いのか?」
ムスコ「うん!」
僕「こんな村で何してるの?」
ムスコ「岩をたたくと虫がでるんだよ。ダンゴムシ!」

そして実演。
スコップで岩を打っ叩くとなるほどダンゴムシが。

ムスコ「ギャハハハ!」

そんなにうれしいか。

なんとも寂しい村なので、僕は自分のキャラクターを作って、生活に
参加しました。ムスコと共同生活です。
(4人まで遊ぶことができます)

切り株だらけの地面からまず切り株を抜いて整地。
そこに新しい木を植え、魚を釣ってお金に換えて花を買って植える……。

ある日、お店で「宇宙服」を売っていたので僕はお金をためて買いました。そして部屋に飾っておいたのだけど、翌日になってみると、それがない。

僕「パパの宇宙服は?」
ムスコ「売っちゃったよ」
僕「どうして!?」
ムスコ「だってお金が欲しかったんだよ」
僕「お金欲しくたって、パパのものを勝手に
  売るなんて、ひどいじゃないか!」

ゲーム内のことではありますが、ここはキッチリ言っておかねばなりません。やがて嫁も参加してきて、叱られまくるムスコ。
最後には泣いて謝る……なんてことがあって昨年のクリスマス。

ムスコがサンタにもらったのは「街へいこうよ どうぶつの森(Wii)」。
DS版からWii版へはキャラクターをそのまま移すことができますので、ムスコはお引っ越しです。

DS版は嫁が自分のキャラクターを作って遊び始めました。
僕はなんとなく疎遠に。

先日、久しぶりに遊んでみたらムスコから手紙が来ていることに
気づきました。
(このゲーム、遊んでいる人同士で手紙のやりとりが
 できます。手紙にプレゼントを同梱することもできます)

その手紙を開いてみると……

butumori.jpg

 どうぶつのもりWiiにひこします
 ひこしたけどなかまだからね。

そして、添付されていたプレゼント開いてみると
いつぞや売られてしまった宇宙服が。

ちょっとグッときました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今では僕もWiiに引っ越しています。
Wii版では同居ではなく、別の家に住むことができます。
僕は、海で釣り上げてしまったタイヤや
空き缶や長靴を、ムスコの家の前に置きます。
ムスコは僕の家の前に落とし穴を掘ります。

ムスコがニヤニヤしながら
「パパ、どうぶつの森やりなよ」などと言ってくるので
ムスコが寝てから始めると、また手紙が来ています。

 おならぷー。くさくさー。

文字を連ねて他人に何かを伝える。
コミュニケーションの面白さを、ムスコはこのゲームで
覚えたようです。
そういえば、最初に覚えた文字は、マリオカートの
「かち!」「まけ!」だったなと思い出しました。

日本に住んでいればいつか覚えるさ、と読み書きを
ほとんど教えることがなかった僕と嫁。
ここに至り、うちの子の日本語はちょっとヤバイんじゃないかと
思い始めていた矢先の出来事でした。

任天堂さまさまです。
おならぷー。くさくさー。でもOKです。
posted by bakune at 17:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今じゃ文明開化の音と共に
ゲーム内でお手紙が書いて送れるんですね??

すげぇ〜〜〜〜!!!!


娘は、ゲゲゲの鬼太郎
妖怪の名前で「ひらがな」を制覇しました!
おかげで、帰省の都度「水木しげるロード(鳥取県境港市)」に連れて行かされてました・・・・

「カタカナ」はポケモンです
任天堂様々っす〜〜!!
Posted by Wolfey at 2009年01月14日 20:01
うわ〜、おもしろそうですね!
うちはTVゲームはまだやらせてないのですが、カードゲームは与えてます。そのせいか普段はほとんど読み書きしないんですが、いきなり一定の難しい字を突然読まれてびっくりします。
賢者とか精霊とか、あと召喚とか普段役に立ちそうにないやつ。
真面目に勉強してくれるといいんですがね〜。
コラショに期待してます。
Posted by ダテロク at 2009年01月14日 20:19
■Wolfeyさん
>すげぇ〜〜〜〜!!!!
一応、コンピューターですから(笑)

■ダテロクさん
>賢者とか精霊とか、あと召喚とか普段役に立ちそうにないやつ。

こういう趣味性の高い言葉はいつか身を助けます。僕がそうでした!

子供たちが大勢集まる場所へ行くと、カード持ってる子、多いですね。
Posted by bakune at 2009年01月15日 12:34
>文字を連ねて他人に何かを伝える。
コミュニケーションの面白さ・・・


パパは、「面白さ」というより
〆切間際の「辛さ」を味わってます(爆)
Posted by つ。 at 2009年01月16日 20:06
良い話ですね〜
思わず、次男に話しちゃいました。
そしたら、「お母さんもやっていいよ。王冠でも何でも買ってあげるよ」だって。
イン○○ダー 取引で儲かって大金持ちらしい(汗)
Posted by kazmin' at 2009年01月17日 09:58
■つ。さん
>〆切間際の「辛さ」を味わってます(爆)
いーひっひっひっひっ!
うう、冷や汗。

■kazmin'さん
>イン○○ダー 取引で儲かって大金持ちらしい(汗)

ええっ!? そんな方法が!?
いや、僕は正直に働くぞ!
Posted by bakune at 2009年01月17日 14:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。