2010年02月26日

アレコレ言ウ

keyboard.jpg



●新しいプロジェクトに入るので気分転換のために
 PCのキーボードを替えた。キーの上の文字が光るの!
 でも僕が普段作業する明るさだと全くわからない。
 いいのいいの。気分気分。

●最近、母親に促される/叱られる前に宿題を始めるムスコ。
同級生のお母さんが
「ちゃんと宿題しない子は2年生になれないみたいだよ」と
言ったのがクラスに広まり、ムスコはドキドキしているらしい。
しばらく放っておくことにする。

●最近「星のカービィ」とか「マリオ」のマンガに目覚めたムスコ。
熱中のあまり呼んでも返事をしないことがしばしば。冗談で
「おい、マンガくん!」と昭和の香りのする呼び方をしたところ
猛然と怒り出した。聞こえてるんじゃないか。

●嫁が友達と飲みに行く時にムスコに
「パパとムスコが仲が悪くて悲しいから出て行く」と
言ったそうだ。
嫁の留守中に
「パパ、今日は一緒にお風呂に入ろうか」と言う。
「お父さんと呼んだら入ってもいい」
「じゃあ、お父さん、お風呂入ろうよ」
というわけで久しぶりに一緒に入った。
出た後に
「パパ、ママにメールしてよ」
「なんて?」
「一緒に仲良くお風呂入りましたって」

いや、そういうことじゃないと思うんだ。

●どこで聞いてきたのか、財布にお札を逆さに入れると
お金が出て行きにくくなると言い出したムスコ。
全財産453円。
逆さにいれるための1000円札が欲しいらしい。
次のお年玉まで待つがよい。

●最近トランプの「大富豪(または大貧民)」に凝っている
ムスコ。そして付き合わされる嫁と僕。
ご存知の通り、このゲームでは2が最強だ。(joker除く)
2を3枚とか4枚持っている時、ムスコは「どうだ!」という
表情で、初期のどうでもいいタイミングで一気に出してくる。
そして最終的には負ける。
──僕のお金の使い方に似ている。

●オリンピック 1
スノーボード、ハーフパイプ金メダルのショーン・ホワイト。
凄かった。分かりやすい凄さだった。
他の選手は彼が編み出した技にトライして失敗する中、
最後に滑ったホワイト選手はその技をさらに進化させて成功。
いや、もうまったく。

●オリンピック 2
始まりましたね、フィギュアスケート。
嫁は真央ちゃんが、とか、ヨナちゃん、ナントカちゃん、
カントカちゃん、国籍問わず、みんな頑張れと
ドキドキしながら応援しています。
母親のような心境とずっと思っていたのですが
こりゃ、お祖母ちゃんの心境ですな……

●TC electricの魔法のようなチューナーを予約していたら
僕の留守中に楽器店から入荷の知らせあった。
携帯と自宅、両方の番号を知らせておいたが、僕が携帯の
電源を切っている時だったらしく、家の電話に。
恐ろしいことに、その電話にムスコが出た。
後刻──

「パパ、今日、パパに電話あったよ」
「誰だった?」
「●●さんだって」
「ああ、ギター屋さんの人だな」(ここで用件がわかる)
「知らないけど、来て下さいだって」
「うん、わかった」
「パパ、ティーシーって何?」
「TC electricのことだと思う。会社の名前だよ。任天堂とか
 パナソニックみたいな」
「そうだったのかあ。ぼく、知らなくて何回も
 聞いちゃったよ」
「そうか──」

取りに行くのが恥ずかしいのである。
●●さん、ごめんなさい。

●ちょっと気になったことがあって、立ってギターを弾く
練習をした。座っている時の8割減の弾け具合。
ま、そんなものだろう。しかし、ずっと弾きにくいと
思っていたギターがそうでもなかったり、いろんな発見が
あった。もっと頻度を高くしないと。

●真空管アンプを歪ませて、それをブーストした時の
バイト感はやはり何物にも代え難い。

●突然スケートボードをやってみたくなり、自分ひとりじゃ
恥ずかしいからムスコも巻き込んで──おずおずと嫁に
相談すると、ダメダメ、絶対ダメ!と。
そんなにムスコが心配かと思って反論しようと思ったら
ムスコはいいかもしれないけど、あなたは転んで
骨折るのがオチだからあきらめて欲しいと懇願された。
悔しいが、いい読みだと思う。


posted by bakune at 04:06| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。