2010年01月06日

スケール練習ノ効能

スケール練習なんてバカバカしいとか、意味がわからん、とか
否定的な意見はたくさんあると思う。

しかし僕はこの「スケール練習」の有効性を信じている。
漫然──ダラダラとスケールを弾いていればいつか何らかのかたちで
報われるという伝説を信じる。

…そんな伝説は聞いたことがないが。

録画したドラマやDVDを観る機会が多い。
仕事の時もあるし、単に「テレビを観ている」時もある。
いずれにせよ、相当な時間を拘束されるわけだ。
テレビ画面に向かっている時は、基本的に両手が空いている。
つまりギターが弾けるわけで──

しかし、この時、何を弾くのかは重要だ。
基本的に意識の半分以上はテレビ画面に向かっているので
ギターの方は、例えばフレーズを追い込むとか、曲の完成度を
上げるというような、集中力を要する練習はできない。
そんな時にスケール練習の出番なのだ。

DVD1枚、映画1本を見終わった頃には
「おれは今日2時間もギターの練習をした」と思い込むことができるのだ。

冗談はさておき、二つ以上のポジションを結ぶ横移動のタイミングを
見つけた時などは非常にうれしい。
ビデオを止めて、ほう…ほほう、と確認したり。
雑誌か何かで知った情報を確認するのではなく、自分で気づいた意味は大きい。

「スケール練習」の効能はギターと仲良くなれること。

ちなみに僕が音階と名称を正しく認識しているスケールは3、4種類だと思う。
使い所はあやふやだ。そこは試行錯誤。
さらに言えば、僕がカッコイイと思うフレーズは、理屈ではなく
まずフレーズありきで飛び出したきたものだと思う。

いまひとつ、創造性と結びつけられないところがもどかしい。

posted by bakune at 10:22| Comment(7) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。