2010年01月21日

ムスコ三題

●ムスコのウソ

ムスコがウソをついたので叱った。
湯船の中に小便をするという大罪をおかしたにも拘わらず
「ぼくはしていない」と強弁して逃げ切るつもりだったようだ。
しかし、沸かし直した時の臭さと言ったら──

「本当にしていないんだな?」
「うん、してないよ」
「ちんちんが腐ってぽろっと落ちてもしらないぞ」
「…」
「…」
「…」
「今回は怒らないから本当のことを言いなさい」
「…しました」

そして、ウソは必ずばれるのだと言い聞かせる。
「すぐばれなくても、1時間後、1日後、1週間後
 もしかしたら1年後、10年後には必ずばれるのだ。
 実に不思議なことだけど、世の中はそういうふうに
 できているのだ!」

「パパ…」
「本当だぞ」
「うん、でもね、ぼくのウソはすぐばれるよ。
 どうしてかな」

ムスコよ。
僕も父親になるまでは、コドモのウソはこんなにも
ばればれだってことは知らなかったのだ。
自分のコドモ時代を思い出すと恥ずかさでいっぱいになるのだ。


●ムスコの意見

テレビで交通事故のニュースを見たムスコ。
40代の男性が亡くなったと聞いて一言。

「かわいそうだね。誰かのパパなのにね」

その発言に驚いたおれ。


●ムスコ、学校を愛す
月曜の夜、突如発熱し、翌火曜、初めて学校を休んだムスコ。
今日は休んでじっくり治しなさいと母親に言われて突然涙ぐむ。
そして時計を見ては
「一時間目が終わった頃かな」
「給食が始まるから僕もお昼ご飯食べたいな」
「みんな帰ってくる時間だね」
「熱下がらないかなあ」

なんだか不憫なのでマリオやらベイブレードやらの相手を
してやるが、いまいち乗らない様子。

「パパ、パパにうつしたら、僕は治るかな」
「治らないよ。そしたらきっとママにもうつるから
 大変なことになるぞ。ゴミ屋敷になって、ご飯も
 酢コンブだけになるし」
「どうしたら熱が下がる?」
「薬飲んで早く寝るしかないな」

その夜、なんと7時に就寝したムスコ。
きっと夜中起き出すのだろうと思ったらそのまま朝まで。
6時に起床して体温を測ると平熱とは言えない体温。

「今日もダメだな」
↑前日から起きている僕

「行きたいよう! 学校行きたいよう!
 みんなとドッジしたいよ! 今日はヤキソバ食べたいよ!」

僕の手には余る。

やがて母親に諭されてベッドに戻ったムスコ。
何故かストンと眠りに落ちて8時くらいにまた起きた。
熱を計ると──おや、平熱+α。

いつもののたくた準備がウソのようにテキパキと行動して
登校準備を整え、出ていった。

僕も嫁も、隙あらば学校を休もうとしていた子だった。
嫁などは当時の水銀を使った体温計なら自在に計測値を
コントロールできるほどだったそうだ。

そんな人たちの子が何故。


posted by bakune at 03:38| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

Gretsch DUO JET

duojet.jpg

Gretsch DUO JET 1969年製

昨年の秋に一目惚れして──
直後僕は変形回帰してしまったのだが──

いろいろ難有りで、すべてリペアすると10万近くになるとのこと。
当時の僕は払うつもりでいたのだろうな。
今は、何を仰るウサギさんだ。

現状で録音してみた。



アンプ類は全部POD。
最後だけストラトなのだけど、Gretschのこのあたりのポジション
(10フレット)から上はフレットがほとんど摩耗して
ロックギター的なことは何もできないという──

しかしこのルックス、捨て難い。
変形というか、我が家においては異形ギター。
うーん、再生したいなあ。
posted by bakune at 18:03| Comment(13) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

ムスコニ奢ッテモラッタ日

ichiman.jpg

この一万円札は、丁度一年前の今頃……

家族で焼き肉を食べに行ったのだ。
すると帰路、ムスコがポケットからこの一万円札を
取り出して、僕によこそうとする。

「これ、パパにあげるよ。いつもパパが払うから
 今日は僕も払うよ」
「おじいちゃんからもらったお年玉だろ?
 大事に取っておけば?」
「でも、今日は僕がおもり(おごり)たいんだよ。
 僕はお年玉の時しかおもれないからね」
「いいよ、いらないよ」
「だって、いつもパパとママが買ってくれるから
 僕はお金なんか使わないんだもん。
 だから今日はありがとうのお金なの」

というような感じの会話だったと思う。
結局僕はその一万円を受け取った。

以来、ずっと僕の財布に入っている。
純の、泥のついた一万円札みたいなものだ。

あれから1年。
7歳になったムスコは、毎日お年玉の金勘定。
「ママ、●●おばさんちは行かないの?」
「あそこは飛行機乗るくらい遠いでしょ」
「じゃあ、電話してお年玉送ってもらおうか!」
「……」


ムスコよ。
変わっちまったな……

そんな気持ちにピッタリなこの歌
いい曲だと思う。





posted by bakune at 04:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

スケール練習ノ効能

スケール練習なんてバカバカしいとか、意味がわからん、とか
否定的な意見はたくさんあると思う。

しかし僕はこの「スケール練習」の有効性を信じている。
漫然──ダラダラとスケールを弾いていればいつか何らかのかたちで
報われるという伝説を信じる。

…そんな伝説は聞いたことがないが。

録画したドラマやDVDを観る機会が多い。
仕事の時もあるし、単に「テレビを観ている」時もある。
いずれにせよ、相当な時間を拘束されるわけだ。
テレビ画面に向かっている時は、基本的に両手が空いている。
つまりギターが弾けるわけで──

しかし、この時、何を弾くのかは重要だ。
基本的に意識の半分以上はテレビ画面に向かっているので
ギターの方は、例えばフレーズを追い込むとか、曲の完成度を
上げるというような、集中力を要する練習はできない。
そんな時にスケール練習の出番なのだ。

DVD1枚、映画1本を見終わった頃には
「おれは今日2時間もギターの練習をした」と思い込むことができるのだ。

冗談はさておき、二つ以上のポジションを結ぶ横移動のタイミングを
見つけた時などは非常にうれしい。
ビデオを止めて、ほう…ほほう、と確認したり。
雑誌か何かで知った情報を確認するのではなく、自分で気づいた意味は大きい。

「スケール練習」の効能はギターと仲良くなれること。

ちなみに僕が音階と名称を正しく認識しているスケールは3、4種類だと思う。
使い所はあやふやだ。そこは試行錯誤。
さらに言えば、僕がカッコイイと思うフレーズは、理屈ではなく
まずフレーズありきで飛び出したきたものだと思う。

いまひとつ、創造性と結びつけられないところがもどかしい。

posted by bakune at 10:22| Comment(7) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

仕事始メノ真似事

bushmills.JPG

お正月にも飽いたので仕事始めました。
仕事といっても書類のフォーマットを決めるだけなのですが。
これが意外と楽しかったりするのです。

酔って、ちょっと眠いなあと思いつつ
ダラダラ起きてるのも楽しい。

とりあえず、かっこいいグラスが欲しいぞ。


posted by bakune at 05:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。