2009年12月31日

年ノ瀬ニ、ロッド回シテ茶ヲ啜ル

jcksn_wr-1.JPG

今年最後にやったことはこれ。
この半年くらい、調整しなくちゃーと思いつつも
結局放置してあったJackson WR-1。

夏前くらいにオランダはアムステルダムのお店に
中古品があるのを見つけて送ってもらった。
太目の弦が張ってあって、1音下げ、かつ6弦だけ
さらに1音落としてあるという、非常に明確な
目的を持ったセッティングになっていた。
しかも……ネックが「曲がっている」と言ってもいいほど
順ゾリしていた。
直さねば……調整し直さねば……と思いつつ半年。
月日が経つのは早いモノ。
ヴィンテージ系に興味が移っていた時期もあったし……

それをついに直した。調整した。
裏蓋を開けたらESPのアーミングアジャスターが
インストールされていたので取っ払った。
僕はこういう「便利グッズ」みたいなものはキライなのだ。
潔くない。
FRTの欠点を解消するためのものなのだろうが、やっぱり
美点も欠点もひっくるめて愛したい。
たとえセッティングに時間を奪われようとも。
(正直、ウンザリするけど)

僕はWR-1は何本持っていたのだろう。
・最初に買った黒
・次に買った赤/リバースヘッド
・その後に買った白+黒縁取り
・EMG付/中古
・オランダから来た白/中古

うーむ、5本か。
今は2本だけ残して処分した。

このギター、日本ではまず売っていないので
海外通販がメインになってしまう。
通販でギターを買う恐ろしさと言えば、やはり
弾き心地がまったく分からないことだろう。

そしてこのWr-1は──おそらくJackson全般は
個体によるネックグリップの違いがかなり大きい。
Wide-Thinのネックが売りなのに太かったりする。
個体差にも程があるってもんだ。
よって、手に馴染まない個体は処分。

高い授業料を払って、やっと落ち着いた2本の
Jackson WarriorとB.C.richのironbirdで来年は頑張るのだ。

何をどう頑張るのかは──ミーティングしましょ。
最近はそこそこ練習しているはずなのに、1年前よりも
弾けなくなった気がする。
まずはそこからだなあ。

とにかく、変形回帰。

あ。
あと一日あるのか。
もう1本いじろうかい。
posted by bakune at 07:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。