2009年12月10日

歓迎ピアノ様

K_piano.JPG

先月の20日くらいにピアノが届いてから、僕はなんとか
その音を録音しようと苦労していたのです。
しかし、うまくイカンのです。
そもそもピアノは弾けないわけですから録音も何も
ないわけですが……

ある日、上蓋を開けて、ブームスタンドの先のマイクの向きを
調節している僕を見て嫁がいいました。

「ピアノの上にそれが落ちたら大変なことになるわよ」

大変なことと言うのは、ピアノに傷が付くという事態の先に
僕が家庭内での立場を失うとか、そういう意味です。
生音の録音はあきらめました。

そして結局、サイレントピアノとして内蔵しているデジタル音源の
録音にしたわけです。
ラインアウトからMTRにほいほいっと、こりゃ楽ちんです。

silent_p.JPG

生ピアノである意味がまったくないのですが、そりゃもう
仕方ねえんです。仕方ねえことにしたんです。

その後、風邪で寝込んで長らく中断していたのですが、本日家人の留守中に
ギターの録音をすることができたので、曲っぽくしました。

M_jcm_800.JPG

ギターはGibson SG standardであります。
MarshallのJCM800コンボをTS系でガイン!ブーストして
硬度を高めてあります。
アンプのマスターVOLは「1」ですが、非常に気持ちいい音がします。
※ちなみに「1」でも相当喧しいです。

ギターのダウンピッキングがかなり早い段階から崩れるのが悲しいですが
ダウンとオルタネイト、両方試して、やはりダウンじゃないと
サマにならないので崩れるのを覚悟して録りました。
メタル筋が足りないのです。

ついつい古くさいフレージングになってしまうベースを録っていると
嫁から「まもなく帰宅しまーす」というメールが入ったので
慌ててギターソロを入れることにしました。
最後のアルペジオ以外はノープランなのですが、そのアルペジオが
やはり早々に崩れるという──フェイドアウトしちゃえ。
2回弾いたところで嫁が帰宅しましたので、2回目採用。

んで、こんなのができました。



な、なんかいろんな意味で古い…

最近、左右の手にやたらと力が入っているのを自覚しています。
チューニングが合ってないと思ったら強く押さえすぎているだけだったり。
右手(首)はもっと悲惨です。最初はプラプラでもすぐに固まってしまう。
ハナ肇を見て育った世代として、ギター弾かない時ならいくらでも
プラプラできるんですけどね。

この症状はフレーズの硬度を上げる(メタル度を上げる)ことを
自らに課したと同時に出始めました。
もっと練習して、しなやかに軽やかに弾けるようになりたいものです。
posted by bakune at 21:41| Comment(13) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。