2009年11月12日

背中ヲ押サレテ

「よーし、明日はピアノを買いに行こう」
「うん、そうしましょう」

そんな会話を交わしてから妻は少し遠くのスーパーまで
買い物に行った。
しばらくしてから電話がかかってきた。

「車が動かないの。エンジンがかからないのよ。
 JAFに連絡すればいいの?」
「それでもいいけど、まず保険屋さんだ」

30分ほどしてからまた電話が来て

「イケメンのお兄さんがいろいろ見てくれたけど
 わからないので、次から次へと人が来て、
 一応エンジンかかったんだけど自走は危なかしいから
 今夜は工場に預けることになったわ」

買い換えなくてはならないほど、深刻な状態かもしれない。
一瞬、そんなことを考えた。
これまで快調だったクルマが突然そうなるとは思えないが
可能性としてゼロではない。
そうじゃなくても修理に滅法お金がかかるかもしれない。
僕の気持ちを察したのか、妻が言った。

「だいじょうぶよ。そんなに深刻な問題じゃないだろうって
 みんな言ってるから。明日はピアノ屋さんに行きましょうね」

クルマとピアノ、両方買うのは非現実的だ。
どちらかを「とりあえず間に合わせ」のモノにするのか?
僕は「走って曲がって止まればいい」とか「鳴ればいい」とか
そういうモノで満足できる性格ではない。
機能+α。
αが素敵なら機能は多少犠牲になってもいいとすら思う。
その結果がドアを開きにくいクルマとか、100wのアンプとか
変形ギターだ。

深夜にインターネットで「現代クルマ事情」を見て回る。
サイトにローンシミュレーションがあればやってみる。

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

ピアノ屋へ行き、あれこれ説明を聞く。
「あなたにまかせるわ」と言っていた妻が「猫脚」に一目惚れ。
やんわりと、猫脚アップライトを推し始めた。
当然少々お高くなるわけだが、前夜、クルマの値段を見ていた
おかげで、なんとなくピアノ全般が安く感じられた。
(もちろん上を見ればキリがない)

こうして、イマイチぴんと来ないくせに高価なものを
買おうとしているわりには面白可笑しく買い物ができた。

クルマの方はバッテリー交換+どこだかの基盤交換。
最悪の事態を想定した後だと気が抜けるほど安い料金だった。

なんだろう。

大いなる力がクルマを動かなくすることで
メッセージをくれたのだろうか。

ありがとう、機械のマニトウ。
とりあえず礼を言っておく。

クルマやピアノの値段を見た後だと、ギターなんて安い安い。

posted by bakune at 03:03| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。