2009年11月04日

チョット違ウ結果

2時間で終わるなんて言ったのはどこのどいつだい?
はい、わたくしです。

苦闘の軌跡。

pu_ura.jpg

↑リード線剥き。
そうだった……これがイヤでピックアップの交換は
避けていたのだった。
仕事しながら1時間に1本ノルマで剥く。

esc_neji.jpg

↑完全にバカになっているビスの頭。
この1本以外は外れたので、エスカッションを
ぐにぐに動かしていたらビスがズボと抜けてきた。
見ると、元々ボディに空いているネジ穴が少々デカイ。直さねば。
ケーラーのロックナットを取り付けた時にもやはり
ネジ穴がデカイなと思っていたのだけど、面倒なので
そのまま締めたら、案の定、弦を張った後にナットが浮いてきた。
ついでにそこも直してしまおう。

ibhead.jpg

↑木工用ボンドと楊枝作戦。
ボンドが乾くまで作業できない。
なんだかホッとしている僕。寝る。

ええと、誰も感心してくれない自慢なんだけど
この、イカの頭みたいなヘッドとRだけのロゴは
なかなか珍しいのよ。
どうしてやめちゃったんだろうなあ。
最近のB.C.RICHはブツブツブツブツ……

寝て、起きて、仕事して作業再開。

no_hole.jpg

↑大変なことに気づく。
エスカッションにPUを取り付ける穴は自分で開けろと
いうことらしい。
ドリルは屋根裏にしまってある。
あれを出すのか? もう使うこともないだろうと
すごーく奥にしまったのだ。やだ。やだぞ。

なんとか楽したいと思い、買い置きのビル・ローレンスに
目を付ける。
別のギターに付けるつもりだったが、ギター自体を手放して
しまったのだった。

見ると、最初からエスカッションにネジ止めされている。
ローレンスに100点。

billopu.jpg

↑しかも!
リード線がすでに剥かれている!
ローレンスに150点。

ああしかし、エスカッションの背が高すぎる!
ローレンスくん−30点。

結局ダンカンに同梱されていたエスカッションを
使うことにする。

ハンダ付けの悪い見本にされそうなお団子状態で結線完了。
一応、鳴ることは確認した。

しかし、ストラトみたいなノイズが……。
ストラトみたいなノイズはストラト以外からは出てはイカン。
要調査。しかし、今日はここまで。



キュッキュと煩い&弾けてない音源。Sansamp GT2→PC
なんだかシングルコイルっぽいんです。
要調査。しかし、やっぱり今日はここまで。

フレットもなんだか気になるので結局ショップへ持って行くのかな…
posted by bakune at 06:00| Comment(5) | TrackBack(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。