2009年08月11日

インフル疑惑

日曜の夜、イッテQを見る。
最近はイモトのマラソンに時間を取られてイマイチ。
見ている最中に猛烈な睡魔に襲われる。
若干の悪寒を感じつつそのまま一時間ほど眠ってしまった。
起きたらさあ大変!
熱がある。
おそるおそる計ると……38度7分。
平熱が低い僕には一大事だ。おおお。
焦ってベッドへ。
深夜0時くらい、周囲の騒がしさに目を覚ました。

「大変よ、ムスコも熱があるの。39度!」

くそっ!おれより高い!
おれの地位が!

ムスコは
「パパがうつしたんだよ…パパのせいだよ」と恨み言。
でも、僕がうつしたんじゃないと思う。
発症が早すぎる。

月曜、病院へ。
受付に症状を告げると、別室に通される。
「念のため」だそうだ。

Hospital.jpg


俄然不安が募る。
みんなと一緒に待ちたいよ。
親子揃ってマスクしてるから許してよ。

しばらくして先生が来る。

「大勢人の集まるところへ行きましたか?
 密閉空間とか。周囲にインフルエンザの人が
 いる感じはありましたか?」

インフルエンザはわからないが、大勢の人が集まる
密閉空間へは行った。
ムスコと一緒に2時間ほどいた。

「うーん、インフルの可能性がありますので、検査しましょう。
 ちょっとつらいのでお父さんだけやって、もし
 そうだったらお子さんも」

つーわけで、鼻に棒をつっこまれるあの検査。
痛くはないが、つらいわね。

先生と看護師さんが消えてからムスコ

「パパ、インフルエンザだったらどうなるの?」
「うーん、大丈夫だよ。薬もらって帰るよ」
「入院するの?」
「しないと思うなあ」

とは言え、こっちも不安である。
例の新型だったら、隔離もあり得るのではないかと
不確かな知識が不安を煽る。

結局、インフルエンザではないということになった。
とりあえず風邪と考えて様子を見ましょう。

病院出て薬局行って薬を出してもらって
「パパ、ぼくねえ、熱があるから疲れたよ。
 おぶってくれたらうれしいな……」
「パパだって熱があるよ」
「5メートルだけでいいの。4歳の時はおぶって
 くれたでしょ?」
「そうだったっけ?」

あまり子供をおぶったという記憶がないが……

仕方がないので、おぶってやる。
「パパ、ぼくねえ、お熱が出たけど、おぶってくれたから
 ハッピーだよ」
「そうかそうか」

気を良くして特別サービスでトータル10メートル
おぶってやった。
で、タクシー。
ハッピーだ。

posted by bakune at 03:41| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。