2009年08月09日

柑橘系アンプ

orangeMcrush.JPG

Orange Micro Crush

楽器屋に並び始めたころから
「ああ、これはいつか買ってしまうのだろうな」と
思っていた。
この類のミニアンプ(おもちゃ)は各社出していて
それぞれミニチュア好きにはたまらない外観をしている。
その中でもこれは群を抜いていると思う。

さてさて。
ミニアンプは「鳴ればいいじゃないすか」みたいな
投げやりな音がするのが常だが、これも同じかな。
なんと言っても小口径スピーカーだからね。
普段12インチ1発とか4発に慣れていると
どうにもならない。

でも、ま、ポチっとスイッチ入れてすぐ鳴るのは助かる。
アンプなしでペケペケ弾くよりはずっといいような。

しかし、買う前はちょびっと期待していた。
だって、クリーンとオーバードライブの2chだし
チューナー内蔵だし、ヘッドホン端子だってついている。
しかもアダプターは9〜12Vまで使える。
利便性と拘りの両方を追求している(ように思える)


深夜に箱から出して、弾いたのも深夜なので
極小音量しか出していない。
画像のボリュームくらいだ。悲しい。

ヘッドホン端子から音を録ってみた。
アルペジオはクリーントーンのつもりだ。
スピーカから鳴らした時はクリーンだったが
ヘッドホン端子からだとこんな音になっちまう。
ソロを弾いているのが、オーバードライブchだ。
スイッチのON/OFFだけで、歪みの量の調節は
できない。
(おそらくボリュームを上げるともっと歪むのだろうけど
 試していない)


ヘッドホン端子を使うとスピーカーの音がカットされるので
もっと音量を上げても良さそうなものだが……
超高周波ノイズが入ってしまう。
たぶんヘッドホン端子がいけない子なのでしょう。

この音源は電池駆動だけど12Vを使うと
もっとヘッドルームが広くなって、クリーンも
いい感じになるのでは……と期待したり。
そのうちSPからの出音をマイクで録音したいと思うが
そんなことしてどうなるのだというのも正直な気持ち。



ああっ!
本物が欲しい!
posted by bakune at 01:43| Comment(10) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。