2009年08月31日

浦島太郎状態ノ分野

canonhfs10.JPG

ムスコが生まれる直前にビデオカメラを手に入れて以来、
6年ぶりか。

僕自身はビデオカメラにほとんど興味がなかったのだけど
ムスコのイベントに参加することが多い嫁は
他のママたちが持っているのを見て興味津々。
珍しくカタログをもらってきたりすっかりその気。

「古いのでいいじゃない」と、自分が興味の無いモノには
お金を使いたくない僕はまた夫婦喧嘩のネタを作る。
ってのも何なのでこのたび新調。
S11ってのが出た直後で若干値崩れしていたのを入手。
あれやこれやの進歩に驚く日々。
そもそもテープがいらないってのが凄いね。

「ギターを弾いているおれ」を撮影したが音がウンコ。
別に録音して編集すればいいんだろうけど
youtube見てると、普通にビデオの内蔵マイクでも
結構ニュアンスのある音が録れていたりするので
これから試行錯誤が必要か。

編集ソフトも問題だ。
僕のPCに入ってるやつはこのハイビジョンなデータを
編集できない。
カメラに付属の編集ソフトをインストールすれば
いいのだろうけど、仕事佳境につき、環境が
変わるのは怖い。

ま、今週中になんとかしたい。

いやー、本当はデジイチ道を歩みたいから
ビデオは嫁に任せたいのだ。
と言いつつ、あればあったで凝ってしまう悲しいサガ。
いろんなプランが浮かぶ。
しかも例によって壮大だ。





posted by bakune at 07:27| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

顔見知リノ猫

coolcat.jpg

この半年ほど、2週に一度のペースでお邪魔している
取り引き先に行く途中に必ずいる猫。

いつでも「余計なエネルギーは使わんもんね」
あるいは「ケッ、ノラは喰わねど高楊枝よ」
という感じで、世間を斜め下から見上げている。

一度、OLのお姉さんが食べ物を与えようとしたら
プイ!と顔を背けて、2メートルほど移動して
また元のポーズに戻った──という様子を目撃してから

人間には頼らない孤高の自由猫

というキャラクター設定にしていた。

が、取引先の人から情報を仕入れる。

「あいつ、近所のソーセージ工場から出る端切れを
 毎日昼にもらってるんですよ。昼休み終わりくらいに
 通りかかる人が、ランチの残りとかやってるし。
 午後は満腹で動けないんです」

よく考えれば僕が通りかかるのはいつでも
ランチタイムが終わって少し経ってから。
お姉さんの食事提供を断ったのは満腹だったからか。

誇り高き侍猫と見えたのは、実は、満腹で動けなく
なっていただけ──ということらしい。

彼は周辺の人々から「キング」と呼ばれているそうだ。

キングは日陰になっているコンクリートの壁に
寄りかかって涼んでいた。

僕には猫を見る目が無い。

触ってみたら、ブニョっとしていた。
食生活が充実しているのは何よりだ。
他にどんな望みがあるのかは知らんが。

posted by bakune at 18:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

謎ハ解ケタ!

ヤング・ミュージック・ショーでKISSを見たのは
中学2年生だったと思う。
遠足かスキー学習が終わって大慌てで家に帰った。

当時はビデオなんて無かったから1回観ただけの
記憶を反芻して楽しんだ。
いや、テレビの前にラジカセ置いて録音したテープを
ずいぶん長い間聴いていたような。

それ以来、ずっと謎だったことがある。

1曲目、デトロイト・ロック・シティで
ポール・スタンレーがマイクの前に立つ前に
歌が始まったような気がした。
それが本当だったのか、記憶違いだったのか。
ずっと、ずっと謎だった。

その謎が解けたよ>30年前のおれ



↑ヤング・ミュージック・ショー



↑同じ公演の映像

NHKの映像は編集されていて、歌前に、ちょっとずれた
カットが挿入されていたんだな。

KISSはウソつきじゃなかった!
なんだか、うれしいぞ。

posted by bakune at 02:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

「抜ケタ」2題

jazz_b.JPG

ブリッジを交換のために外したジャズベースのボディ。
73年当時のものとは思えないピカピカネジだった。
他のネジはそこそこ古そうだけどブリッジを止めているのだけ
ピカピカ。
フルオリジナルじゃないじゃない!
ダマしたな、あのオヤジ!
って、そこまで拘ってないからいいけど。
締めたり外したり、何度か派手にやってるご様子。
1弦側のネジは、ただ刺さっているという状態だったらしく
何の抵抗もなくクルクルと抜けてきた。

ムスコの乳歯が抜けた。
舌でレロレロしていたら何の抵抗もなく
レロレロと抜けてきたそうだ。

ムスコ、その歯を洗ってティッシュに包み、枕の下に置いている。

「明日の朝には銀貨に変わってるんだよ」
「そ、そうなのか? 誰に聞いたんだ?」
「忘れちゃったなあ」

僕は初耳だった。そんな習慣というか言い伝えがあるのか?

「銀貨ってなんだか知ってるのか?」
「銀色のお金だよ。金色のもあるよ」
「金色のは金貨じゃないのか?」
「そういう時もあるね」
「ないよ」
「証拠見せてよ!」

でた。証拠見せろ。
昭和も平成もこれは変わらんのか。

午前3時半。
ムスコは眠っているわけだが、朝までに
なんらかの結論を用意しておかねばならない。

ch_gen.JPG

とりあえず人民元を用意した。
奴は最低100円、あわよくば500円だと思っているに違いない。
そうはいくか。
posted by bakune at 04:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

ムスコ日記

rikishi.jpg


■ムスコ、語る (1)

「パパは眠ってる時、何してるの?」

????

「だって10時間も寝るでしょ?
 たいくつじゃない?」

僕はたいてい6時間くらいだと思うが
退屈したことなんかない。

「ぼくの頭はすごいんだよ。
 夜寝たら、朝までスキップしてくれるんだ。
 だから全然退屈じゃないんだ。
 パパもスキップしたらいいよ」

スキップ…
もちろん、ランランランのスキップではなく
ビデオやDVDのスキップのことを言っている。

しかし、スキップしなかったら
どうなるんだろうか。
聞いてみた。

「怖い夢見ちゃうよ」

なるほど、そりゃ死活問題だな。


■ムスコ、語る (2)

「パパ、僕ねえ、怖い夢を見たんだよ」

スキップはどうしたんだ?

「おうちの前にワニが来て、パパが
 食べられちゃったんだよ。
 足だけが残ってたんだ」

質問は無視かい!
しかし、それは怖い。

「そしたらね、ママは500円しか
 持って無くて、ご飯が食べられなかったんだ」

そ、それは悲しい。

「でもね、カードがあったからお寿司食べたの」

ああ、良かったね。

■ムスコ、語る (3)

「パパ、ぼくねえ、サンタさんに
 どこでもドアくださいってお願いするよ。
 そしたらすぐ学校に着くからね」

学校まで5分じゃないか。
そんな怠け者になる道具をサンタさんが
くれるはずないじゃないか。

「ぼく、A先生にも貸してあげるよ」

A先生は足を折ったそうで、今は松葉杖を使っている。
うーむ。
うーむ。
リアクションに困る。
一応、その計画を褒めてから

でもA先生がのび太みたいにしずかちゃんの
お風呂に行っちゃったら困るじゃないか、と。

「パパ、しずかちゃんものび太もアニメだよ。
 いるはずないじゃない!」

どこでもドアは違うのかい!
サンタはどうなんだ?

===================
(1)の発想に嫉妬する
(2)は、ひたすら憎らしい
(3)は、そろそろ面倒くさい

■画像
ムスコ、最近放っておくとずっとやっているトントン相撲。
その、ムスコ作成の力士たち。

画像奥「クロサワ」
※森三中の黒沢から名前を取ったと思われる。なぜクロサワなのか謎。

画像手前「サソリ親子」
※その形状からと思われる。

この2力士でムスコ所有のブロック(?)は使い尽くしているので
取り組みはすべてこの2力士で行われる。
両力士ともに下半身の形状がずるいので、まず倒れない。
勝負はすべて押し出しか自滅。
しかも勝負に時間がかかる。
土俵はamazonの箱。
トントントントンドンドンドンドンガンガンガンガン!
とにかくうるさいのである。

興行はたいてい母親の怒声で終わる。

posted by bakune at 03:28| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。