2009年07月22日

タイミングガ悪カッタダケ

たまにCMで見かける
「年に一度、契約内容のご確認にうかがいます」という
生命保険のあれ。

来てもらうことが必要な人も多いだろう。
でも、僕はいらない。
文書にして送ってもらえばいいや。

電話が来て、予定を聞かせろと言うので
「見直し等の営業行為は今回はしない」という条件で
来てもらった。
しかし、案の定「ご提案」とう名目で新プランの提示。

日々新しい病気が発見され、治療法も進歩する中で
広範囲の保証を確保することはとても大切だ。
だけど、そういうことに時間を割きたくない時だって
あるでしょう。

そんなわけで「じゃあ、見ときます」というと
「保険料もお安くなっておりますので」と念押し。

後日見ると…
確かに保険料は安くなっているが、積立部分を
くずして保険料に充当する作戦だ。

積み立てているのは僕であってあなたではない。
それを使って「安くなっている」という根性がわからない。
保険がカバーする範囲は広がっているのかもしれないが
それは激しく気に入らない。

それから一週間ほど経った今日、電話がきた。
腹立ちやら何やらは置いといて、今は、そういうことは
したくなかったので、また次の機会にというような話をした。
しかし、時間をくれとしつこい。
天晴れ。
部下だったら頼りになる人かもしれないが
こっちは単なる客だ。
平日、自宅の電話に出ている僕だが別に休んで
日食を見ているわけじゃないのだ。
タイミングが悪いですよということを言ってるだけだ。

最終的に「しつこいなあ」と声のトーンを
変えて言ってしまった。
大人げないけど仕方がない。

保険会社を変えてしまいたいが、それもまた
面倒くさいので放置だ。
悪いね、菅野美穂。

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*
より安心な保証を、とかいう新商品の説明を受けると

「え? 今までそれは保険の対象じゃなかったの!?」と
いうことが何度かあった。
結果、保険に入っても全然安心できない。

病気になって、病院へ行って治療、入院、手術、通院したら
全部カバーしますよ。
そういうシンプルなのがいいんだけど。
あるにはあるが、高いんだろうな。

*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

改めて、僕と嫁のぶんを合わせた金額を確認すると
結構な額だ。
安心させてくれたっていいじゃない…
posted by bakune at 15:18| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。