2009年06月24日

デジタルノ罠

minimoogVmaple.jpg

arturaのMinimoog V。
音源ソフトなんだけど、サンプリング音源じゃなくて
プログラムでミニムーグの挙動をシミュレートする。
想像がつくでしょうが、アナログ回路のシミュレーションは
プログラムがかなり重くなる。
音色にもよるのだけど、他にも音源を使っていたり
VSTのプラグインを多数使っていると、結構キツイ。
僕のパソコンはかなりパワーがある方だと思うけど
それでもCPUメーターはかなりイってしまう。

たくさんプリセット音が入っているけど
もちろん自分でゼロから音を作ることもできる。
しかし、画像のグラフィックのツマミを、マウスで
操作することになるので、これは老眼が始まった
僕には辛いのだ…

結局、こういうものは便利ではあるけれど
本物が欲しくなってしまうというワナ。
ツマミをグルグルしたい。


音源
Gibson SG STD
Bogner XTC
Minimoog V
Sampletron
ループ音源(スネア)

キーボード類はMIDIキーボードで演奏してみた。
後でMIDIデータを修正しようと思ったが
最初の方だけやって力尽きた。
そもそもギターがずれているのだ……



マイク・オールドフィールドに捧ぐ(笑
posted by bakune at 05:28| Comment(8) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。