2009年06月08日

鬼門:ベースノ録音

SANS_BASS.JPG

SansAmp Bass Driver DI

ベースの録音は難しい...
これまでずっとベースを直接オーディオインターフェイスに入れて
とりあえず録ってしまってから、あれこれ加工していた。
いい音だ!と思える時もあるし、そうじゃない時もある。
なんとか安定させたいな……もっと簡単にしたいなと
思うのが人情ってものだ。

そこでこのSansAmp Bass Driver DI。
ゲディ・リーも(機種は違うが)使っているSansAmp。

さっそく試してみると…ウホホイ。こりゃいいや。簡単だ。
録音してみた。

うほほいほい、と…



うーん…

想定していなかったフレーズを弾いてしまった…
レベルのバラツキを抑えるために、パソコンに入っている
コンプ系のプラグインをかけまくる。
プリセット名にBASSと入っているのを幾つか……

低音がどこかへ行っちまった。あーらら。
元々録れていなかったのだろう。
やっぱり試行錯誤は続くのである。

ゲディ・リーはSansAmpの前にAVALONのU5という
プリアンプを入れているらしい……
うーむ…
デカイ、高い…

とりあえずゲディみたいな音を鳴らしたいなら
ゲディみたいなフレーズを弾いて試さないと……
でも、難しいのよ、あの人のフレーズ。

ギーザー・バトラーみたいな音でも
録音したいしなあ

星くん、スラップってる場合じゃなかですたい。

なんか画期的な方法ないのかしら。
青虫が青葉にとまる、みたいな。
posted by bakune at 00:59| Comment(9) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

心配性ノ仲間

帰宅すると荷物が届いていた。
20cm*20cm*20cmという感じ。
差出人を見ても心当たりがない。
ん?

percell.JPG

嫁「着払い送料1680円だったわよ。2000円でいいわ」
僕「よくないよ…でも、なんだろう」
嫁「また何か注文したんでしょ?」
僕「そうだんだけど、こんなにでかくないよ」
嫁「…なんだか怖いわね」

予想外の大きさだけど、アレに違いないと思い開梱す。



P_open1.JPG

おお……アレにしてはずいぶん厳重だな。


P_open2.JPG

さらに……これかい。

P_open3.JPG

中身はこれ。
SGに付ける予定のブリッジ。
5年ほど前に中古で買ったGinson C/SのSG。
ブリッジの調子が悪く、交換しようと思っていたのだけど
丁度いいのがなかった。
いわゆるエイジド仕様なので、パーツも全部くすんでいたり
傷が付けてあったりする。
だから新品のを付けてしまうとそこだけピカピカで
照れくさいので、古いモノ、あるいは古く見える加工を
してあるものを探していたのだった。

本当に古いのはエピフォンのギター1本ぶんくらいの
値段がついているので選択肢からはずれ、これは
エイジド加工のレスポールについていたものらしい。
持ち主は本物のヴィンテージパーツに変えたので余った
これをebayに出品した、という経緯。

ちなみにこのSG。
退色したホワイトだと思っていたらTVイエローという
色だと知ったのは比較的最近のことだった。
苦笑いだ。

それにしても、丁寧な梱包である。
過剰とも言える。
しかし、僕もオークションで売れたものなんかを
発送する時は、問題が起こるよりはいいと
どんどん梱包が過剰になっていく。

着払い送料が高くなるかな、まだギリギリで
大丈夫かな、などと、あれこれ気を使いつつ。

この葛藤は伝わらず、やんわりと苦情を言われた
ことがあるな。フッ。

posted by bakune at 15:38| Comment(5) | TrackBack(0) | ギター周辺機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

交差点ニテ思フ

aki_ikebe.jpg

仕事で秋葉原の近くまで行ったので寄ってきた。
僕的秋葉原の中心地、イケベ楽器。
楽天のイケベで何か買うとここから送られてくるわけだが
ネットで見る、整然と並んだ商品画像とは裏腹に
店内はもう凄いことになっている。隙間があれば商品を置く。
隙間が無くても商品を置く。
ネットで見た商品を自力で探すのは、それがよっぽど売れ筋か
高額商品でもない限り無理だろう。
通路の両脇に置かれた楽器にカバンなんかが引っかからないように
注意して歩くのは非常に疲れる。
ここにムスコを放ったらどうなるだろうと想像して戦慄を覚える。

秋葉原を彷徨いながら、いや、滅多に来ないので迷いながら
歩いていると見覚えのある風景が。

ほぼ1年前の通り魔事件の現場だった。

自分が死刑になること前提、あるいは死刑を望んで
起こした事件というのは年に一件は起こっているような気がする。

死刑になるしかないんだろうが、オプションを付けても
いいんじゃないだろうか。

すっごく痛い方法で刑を執行するとか。
エグイ方法で執行する国に業務委託(本人負担)するとか。
判決が出て以降、誰も口をきいてくれないとか。

でも、もし僕がそういう事件の被害者になってしまったら
残された家族の今後を保証して欲しいとも思うんだ。
加害者の親とか兄弟じゃなくて本人に。
いや、そんなものでムスコが育つのかと思うと
複雑ではあるけれど。

自分の人生では自分が主人公などという歌は
多々あると思うんだけど、共演者やスタッフあっての
主人公だろうよ。

自分が加害者になる可能性は誰だって(僕だって)ゼロ
じゃないだろう。
でも、限りなく100%に近い人は他人を傷つけることなく
生きようとしている…と信じたいのだ。

ああ、またエフェクター買っちまったよ。
でもシアワセ、うふふふ……という楽しい思いが
その交差点で台無しに。
まったく酷いというか言いようのない事件だった。

posted by bakune at 11:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

カメラ日記、否、運動会

日曜日のこと

ムスコが通う小学校の運動会だった。
小学校の運動会は自分が小学生の頃以来ではないだろうか。
早朝に起きて弁当を作る嫁。起きてすぐに体操着に着替えるムスコ。
入学式の失敗を繰り返さないようにとカメラのバッテリー、メモリーの
残量をしつこくチェックする僕。
ビデオは撮っても見ないからという理由で持って行かない。

tamaire.JPG

ムスコが最も得意だと豪語する玉入れ。

tamaire_2.JPG

圧勝!
3回戦あったのだが、ムスコが所属する紅組は3回とも
大差をつけての勝利。
なぜこれほど差が付くのか謎である。後でムスコに聞くと…

「パパ、紅組の赤は燃える炎の赤だよ。だから強いんだよ」

では白はなんの白かと聞くと

「知らないよ。白なんて」

戦国時代の足軽って、こんな意識だったんじゃないだろうか。

さて、その足軽ムスコ。50メートル走に出た。
これは僕的メインイベント。
スタートからゴールまで、正面から連写で写真を撮る。
撮影場所の確保はバッチリ……と思ったらこれが失敗。
6人で走るのだが、ムスコ6コース、僕は1コース正面。
ムスコが1位を快走すれば問題は少ないが、そうじゃない場合は
他の子越しにムスコを撮らなくてはならない。
今から僕が移動するのは難しい。
走るムスコにピントを合わせ続けることはできるのだろうか。

ムスコよ、先頭を切って走れ!と祈る。

が、僕の、そして嫁のムスコにそれを期待するのは酷である。
最後まで全力で走っただけで良しとしようではないか。

写真は……ピントが合った子にあげよう。

それでも数枚、本気顔のムスコが撮れた。
その顔は正蔵(こぶ平)に似ていた。

連写機能偉大ナリ。
しかし、よくレンズ評で見かける「AFが遅い」というのを
身をもって体験した。なるほどこういうことか。

そういえば。
かなりのカメラ好きと思われるお父さんが持ち込んでいた
Gitzoというブランドの、おそらくカーボンと思われる三脚に
激しく心動かされたのであった。

再来週、姪の運動会がある。
両親が参加できないので我が家が行くことになって
いるのだけど、とにかく早く、何コースを走るのか
情報を仕入れなくては。情報戦だ。
posted by bakune at 07:37| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。