2009年05月24日

好奇心ニハ負ケッ放シ

IMG_0973.JPG

もしかしたら10年ほど前だろうか。
いや、まだそこまで経たないか。

当時働いていた会社の先輩が僕を呼んで言った。

先「あのさあ、bakuneくん、ヴィオロンが欲しいって
  言ってなかったっけ?」
僕「そりゃ欲しいですけど、高いですよ。
  ノリだけじゃちょっと……」
先「そういう君にいいのがあるんだよ、いいのが」

そして先輩、新聞の折り込みチラシらしきものを
ガサゴソと取り出して僕に見せる。
木彫りの人形や磁気ネックレスやら……
怪しいグッズ満載だ。そしてどれも極端に安い。

先「ここ見て、ここ」

チラシにはヴァイオリンが。
お値段4980円。

僕「こ、これは……」
先「僕はねえ、チェロを買おうと思うんだ」

チェロ、9980円。

先「壱万円でチェロが買えるなんてすごいよね」
僕「……鳴るんですかね」
先「鳴らないと思うね」
僕「やっぱりそうですよね」
先「どうする?」
僕「買うでしょう、やっぱり。
  5000円のヴァイオリンがどんなのか確かめたいです」
先「でしょ? じゃあ、電話してみるよ」

翌日:

先「あれ、注文しといたから。でさあ、電話したら
  楽器としては使えないと思いますって
  言われちゃったよ」
僕「お、良心的ですねえ」

きっと、楽器としては使えないヴァイオリンやチェロにも
相当な需要があるのだろう。
・お店などのディスプレイ用
・見栄張り用
・とにかくヴァイオリンに触ってみたい人(僕)
・その他

写真はその時のヴァイオリン。
届いたその日に調弦しようとしたらピキン!と
弦が切れてそれっきり。
弓でジミー・ペイジごっこをして遊んでから
しまい込んでしまった。
なぜか捨てられない。

先輩のチェロはその後しばらく会社に置いてあったが
どうしたんだろうなあ。

+−+−+−+−+−+−+−+−+−
このヴァイオリンは僕にひとつの教訓を与えてくれた。
「それなりに出すもん出さなくちゃ」

そんなわけで数ヶ月後、僕はヤマハのサイレント
ヴァイオリンを買ってしまうのである。
渋谷の教室を見学に行ったりしたのは遠い昔の出来事。

やっぱり弓はジミー・ペイジごっこをして
ダメにしちゃったのである。

posted by bakune at 03:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。