2009年05月20日

67endpin.JPG

なんとなく不愉快になる画像で申し訳ありません。
この、カトちゃんの言うこと聞かなかっただろおまえ!的な物体は
67年製Gibson Hummingbirdのブリッジピン(エンドピン)。

購入以来初めて弦を交換しようと抜いたらこの状態。
衝撃的な光景を記録に残そうとカメラを出しまして……

汚れはともかくひん曲がっているのはいかがなものかと
交換しようと考えました。
ブリッジピンは消耗品だと思うのですが、単体で買おうと
したことがないので、これっていったい幾らくらいするのだ?と
まず、そこから調べました。

WEBで調べているうちに悪魔降臨。

どこかで同年くらいの状態の良いモノが売られているのではないかと
知る限りのオークションサイトを調べてみました。
しかし、発見できず。
そういう市場はないようです。
これで心置きなく新品と交換できるってもんです。

市場はないようだと書きましたが、表面に出ないだけで
闇ルートで取り引きされているのかもしれませんね。
「へへへ、ダンナ、42年製MARTINですぜ」とか。

真贋の判定がおそろしく難しいと思われ。

しかし、ブリッジピンっていろんな種類があるんですね。
使えればいいじゃないそんなもの、というタイプから
ふふふ、ここがコダワリポイントですぜ、みたいのまで。
ああ、またいらぬ知識が増えてしまった。

バリントン・J・ベイリーという作家の「知識の蜜蜂」という
小説がありまして……以下、関係ないので略。
posted by bakune at 05:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。