2009年05月07日

ハンドワイヤードガ好キ

phase90hw.JPG

MXRのPhase90なのだ。

MXRのPhase90って何種類出ているのだろう。
カタログを見ると
M-101
CSP-101(LED有り/LED無し)
CSP-028

この3機種4タイプに加えてEVH仕様も
Phase90として売っているので4種類か。

こうなってくると、そろそろ統一機種を
作った方がいいんじゃないかと思うけど
そこはそれ、商売か。
どういうマーケティングなのかよくわからないけど。

画像はCSP-028/74' Vintage Phase90。
74年製の復刻でハンドワイヤードが売りだ。
ハンドワイヤード好きとしてはやっぱり手元に
置いておきたい一品だ。
ハンドワイヤードだと音がいいのかどうかは
ちょっとわからないのだけど、修理が簡単そうな気がする。
もしかしたら僕にもできるんじゃないの?と
思わせてくれる。
(思うだけで、実際にはしないと思うけど)

画像は本当にハンドワイヤードかどうか確認したところ。
本当だった。そりゃそうだ。

音は……比較対象がないので違いがよくわからない。
おほほほ。
Phase90の音がする。
それでいいではないか。

ブログ更新したくなったので記事を捻出したの巻。

posted by bakune at 07:08| Comment(4) | TrackBack(0) | エフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

コドモノ日、自宅派家族

子供の日のことであった。

ムスコ「パパ、今日は子供の日なんだからぼくの言うこときいて」
僕  「子供の日はそういう日じゃないよ。
    これまで元気に大きくしてくれてありがとうございます。
    これからもよろしくお願いしますってお礼する日だよ」
ムスコ「それはお誕生日のことじゃない」
僕  「同じなんだよ。でも、お誕生日が年に2回あったら
    早く歳をとって困るでしょ」
ムスコ「パパ、またウソついてるでしょ。ぼく、わかるからね」
僕  「ウソはたくさん言うけど、これは本当だよ。
    早くお礼したら?」
ムスコ「誰にお礼するの?」
僕  「パパだよ」
ムスコ「パパ、ありがとう」

やけに素直だ。調子が狂う。
そうか、自分の主張を通すために譲歩したのか。

僕  「どういたしまして」
ムスコ「お礼したからマリオカートやって。36たいせん(対戦)。
    ぼくね、子供の日はパパとマリオカートやるって
    決めてたんだから」
僕  「やってもいいけど36は多いな」
ムスコ「じゃあねえ、8レースでいいよ」

ブラックジャックの手術費用並にいい加減な決め方だ。

僕  「5レースならいいよ」
ムスコ「ええっ! 10レースじゃないとダメだよ」

バカボンのパパの交渉に似ている。
結局8レースで手を打ち、僕は完膚無きまでに負ける。

ムスコ「ああ、面白かった!」

そう言うムスコがヤケに臭かった。

僕  「ああっ! まだ歯をみがいてない人がいる!」
ムスコ「パパ! ぼくは朝起きてちゃんと磨いたよ!
    ママと磨いたんだから、それがアカシだよ!」

「アカシ」……最近マリオのゲームで覚えた。
「〜の証」というアイテムが登場する。
ちなみに「証」というのは子供に説明するのが難しい。
「絶対そうだよ、ウソじゃないよというシルシのこと」
たぶん、合ってる。

それはともかく、ムスコが臭いのは事実だ。

僕  「じゃあ、なんで臭いんだ?」
ムスコ「パパ、わからないの? ぼく、いま、おならしたんだよ。
    ゆっくりしたから音が出ないんだよ。すごいでしょ」

ああ、すごいね。

ムスコ「●●ちゃんが教えてくれたんだ。■■くんは
    できなかったけど、ぼくはすぐにできるように
    なったんだよ!」

●●ちゃんというのは学校で席が隣の女の子だ。
3年と6年にお姉ちゃんがいるので、なんでも知っていると
目下、ムスコが尊敬してやまない女子。

まったく、いろんなことを学んでくるなあ。

/-/-/-/-/-/-/-
数分後、母親からも臭いと言われたムスコは
結局歯を磨きに行かされたのであった。

posted by bakune at 06:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

覚醒

Bog_XTC.JPG

このアンプはギター熱が再燃した5年ほど前から
いつか手に入れてやると思っていた。

MP3化してから屋根裏に押し込んでいたCDを
ダンボール5箱。
映画系のDVD3箱。
書籍を4箱。
全く使っていないエフェクターをダンボール2箱。
アンプ一台。
ギター3本。
これらを売り払って手に入れた。

なんだか憑き物が落ちたという気分だ。
アンプはもういいやという気分。
エフェクターも、もう十分。
ギターだけはまだ少し……

僕がアンプとエフェクターにお金を使わなくなると
我が家の経済状態はかなり好転するはずだ。

そのお金で……ああ、老後に備えないと。
人間ドック行って、歯も治そう。
ムスコの教育費用も学資保険だけじゃ足りないんだろうなあ。
ま、それはそれでいいや。

というわけで呪いが解けた僕は
現実を生きることにするのだ。
たくさん弾いて、たくさん曲作って、バンドも
ちゃんとやりましょう。

結構な機材を持っていて、あれやこれや知識も豊富で
でも、弾けない、弾かないじゃかなり恥ずかしい。
自分のブログを振り返るとまさにそんな人だ。
方向転換。

さて、顔洗うか。

追加:音源
かなりデカイ音。
チューニング直してもう1回と思ったけど心臓に悪いので
やめておきました。ばくばく。
録音用のマイクのセッティングからやり直さなくては。
スタジオで鳴らしたい……くそう、運転免許からか!

posted by bakune at 14:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

飼イ慣ラサレタ犬

schamp_boost.JPG

今年に入ってからギターを弾くときはほぼこの
フェンダー・スーパー・チャンプを使ってきた。
気分によって歪みはアンプだったりエフェクターだったり。
ようするに音量控えめだ。マスターVOL2程度。
嫁からも「最近ギター弾いてないのね」と言われるほど
音量的には出していない。

久々に100Wアンプ起動。
録音しようと思った。

録音レベルいっぱいに録れるようにレベルメーターを
見ながらアンプ側の音量を調節するのだが
レベルで合わせると、なんとやかましいことか。
弾いていられない。

この4ヶ月ほどですっかり小さな音に
慣れてしまっていたのだった。
逆に言うと、昨年までの音のでかさは
すごかったんだな……

思えば最近はチャンプやらPODやらSANSAMPばかり。
大切なことを忘れかけていた。

posted by bakune at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。