2009年03月12日

マイコー

富岡じゃなくて。



youtubeでマイケル・ジャクソンのライブを観ているところを
嫁に目撃された。

嫁「えっ!?」
僕「な、なに!?」
嫁「マイケルなんて観てるの?」
僕「……いいじゃない。好きなんだもん」

いやー、実はかなり好きだ。
熱心なファンではないし、音楽はピンと来ないものが
多いのだけど、ほぼリアルタイムで観たあのダンスの
衝撃というのは凄かった。
破産とか鼻が崩れるとか奇行とか、そういうことでしか
話題にならなくなってしまったけど、マイケル・ジャクソン以降、
マイケル・ジャクソンみたいな存在はいないわけで、
ってことはやっぱり、唯一無二の人だ。

というような話を嫁にしたところ……

嫁「わたし、アメリカでコンサートに行ったわよ」
僕「ええっ!?」
嫁「90年代の始めだったかしら。楽しかったわー」
僕「いいなあ。どんな感じだった?」
嫁「わたしの周りは大きな黒人ばかりだったから
  ステージはスクリーンしか見えなかったの。
  でも、面白かったわよ。マジック・ショーみたいで。
  最初から最後まで飽きさせない工夫が感心したわ」
僕「ふーん」
嫁「そうだ、その何日か前にジョージ・マイケルも行ったわ。
  右行って、フォーって叫んで、左行って
  フォーって叫んで、なんだかわからなかったわ」
僕「へえ」
嫁「あ、同じ頃、プリンスも行ったの。
  あれも良かったわね」
僕「……」

だんだん、僕はつまらなくなってくる。
僕がマイケルの話をするターンなのに!

嫁「あとねえ、なんだっけ、あれ。うるさいの」
僕「そんなんじゃわからないよ」
嫁「ええと、あれよあれ。ミック・ジャガー?」
僕「ソロの?」
嫁「バンドよ。ローリング・ストーンズだっけ?」
僕「ええっ!?」
嫁「でもねえ、客層が悪いのよ。チンピラみたいのばっかり。
  それにいろんなニオイの煙が漂ってきて最悪。
  途中で出ちゃったわ」

これまで知らなかった嫁のコンサート歴を知る。

僕「いい時に留学してたよね」
嫁「いわゆるバブル世代よ」

僕はあの頃、小麦粉を水で溶いたのを焼いて
マヨネーズかけて食べてました。



posted by bakune at 22:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。