2009年02月08日

静カニ闘病

kaze.jpg

インフルエンザ。
ムスコ、快方に向かう。
入れ替わりで僕、熱が上がってきた。
ついこのあいだやったばかりだよな……。
型違いだろうか。
初期症状や熱の上がり方がムスコと違うので
単に風をひいたのだと思うことにして働くのである。

posted by bakune at 17:05| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

インスパイアトソノ結果

200902020543000.jpg

まあ、仕事ではあるのだけど、音楽聴くのは
趣味だから……とその位置づけはビミョウながら
ショスタコービッチの交響曲5番ってのを聴いてきた。

ショスタコービッチという人は亡くなったのが
確か70年代に入ってからで、クラシックというのとは
また違うと思うのだけど、そのあたりのことは
よくわからない。

この時代の人たちの音楽はなんだか難しい印象があって
あまり聴いていないのだ。
難しい、というのはメロディがよくわからないという
程度の意味。
美しいのか、怖いのか、かっこいいのか……どう味わえば
いいのかわからないメロディが頻出するという印象。

この5番てのも初めて聴いた。
小難しいんだろうなと思っていたが思いの他感動したのだ。
聴いたことのない和音がグイグイと迫ってくる。

今、聴いたことがないと書いたが、その、違和感を
覚えつつも格好いいと思ってしまう感覚は初めてではない。

今時のモダーンなヘビーメタルにそういうパートが
よくでてくる。

ちなみに、工夫して、ひねってひねって、どうだ!と思ったら
ブラックサバスってのはよくある罠。

ま、そういうことは置いといて、とりあえず
「わしもやってみたい!」と思った。

なんとなーく、テンション(ノート)を高い方じゃなくて
低い方に持ってくればいいんじゃないかとの思い込み。



やってみた。
これを聴いてショスタコービッチを思う人は
絶無だろうし、モダーンなヘビーメタルとも
全然違う何か。
え?結局サバスなの? なんて高い壁だ...

イントロは普段やらない音使いにトライしてみたが
そのパートが終わるといつもの僕全開。

やりたいと思うことと、できることの違いに
悶え苦しむ45歳。
これでいいのだ!とは思えないが、こっちで
いいのかもしれないとは思う。

久々に焦燥感。
なんだろう……と思ったら、ああ、仕事か。
最近はずいぶん追われてるな……
もう少しの辛抱だ。
苦手とは言ってられんわい。

元気ですが、ひたすら眠いです。
posted by bakune at 06:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。