2009年02月27日

アレコレ

あれこれ。
僕的旬が過ぎていたり、このブログの趣旨と違うなと
思ったり、長々と書くことでもないなと
思ったり──そんなことをテキトーに。

・アマチュアバンドって2種類あると思う。
 プロじゃないし、目指してもいないけど、なんとかしよう!
 としている人たちと自分たちが楽しければそれでOK!趣味だし〜と
 柔らかいノリの人たち。
 後者は、2500円も客から取ったらイカンと思う。

・ヘビメタが好きだと言う人と話したら
 ヴァン・ヘイレンの話を延々とされたことがある。

・ライトハンド奏法の創始者はヴァン・ヘイレンじゃなくて
 ジェネシスのスティーヴ・ハケットだと言う人の大多数は
 スティーブ・ハケットの演奏を聴いたことがない。

・MR・BIGはほぼ興味がないのだけど、ボーカルの
 エリック・マーティンはかなり好きだ。

・ビリー・シーンのベースって、ちょっと照れてしまう。
 オレオレオレオレって、誰か止める人はいないのか。

・だからE・マーティンがドラムのパットさん連れて
 堅実なベーシストとブルースが根本にあるギタリストを
 従えて自分の曲やれば、なんか格好良さそう。
 P・ギルバートが嫌いなわけじゃない。彼のギターは面白い。

・ドリーム・シアターが苦手デス。

・嫁がエリック・ジョンソンのクリフ・オブ・ドーバーを聴いて
 「あなたもこの曲を弾ければいいのに」と言ったのでその気に
 なったが果たせず、数年後、ジェフ・ベックのWhere were youを
 聴いて同じことを嫁が言ったので凝りもせずコピーを試みるが
 まったくもって別次元の演奏にへこたれ、哀恋スタジオバージョンに
 逃げ込もうとしたが、大人になってから聴くと、えらい難しく、
 結局のところ、ああもう、おれの指!って感じ。

・ジェフ・ベックの、特にライブでの演奏をコピーしてると
 抽象画の模写をしているような気分になる。
 抽象画の模写なんて、もちろんしたことはない。

・世田谷の、細い道に囲まれた場所に住んでいるのに
 なんでそんなにデカイ車を買うのか。
 しかも、駐車場に入りきってない。

・誰某のライブが、誰某の気分で、途中で中止になったという
 エピソードは、なかなか素敵だとは思うが、自分が行っている
 時だと困る。

・オジー・オズボーンのライブを見たい。

・アレスター・クロウリーの本を買った。

・デヴィ夫人が出ているとチャンネルを変える。

・スターチャンネルの契約をしちまった。

・納豆嫌いな人って、納豆のハナシになると攻撃的になる。

・何かをがんばっている人のことをあれこれ批判できるのは
 何もしない人の特権だ。で、権利の主張と行使ばかりなのは
 やはりみっともないと思う。

・年頭からのダイエットで5Kg痩せた。
 一番効いたのはインフルエンザだった。

・ダイエットにお金をかけたので、エフェクターを買わなかった。

・目標体重に達したので、商品名にメタルってついてるのを何個か買った。
 BOSSの中古は下手したら(上手くすれば)タバコ1カートンぶん
 くらいで買えるので自制心を無くす。

・体重若干リバウンド中。

・やっぱり、メタルは難しい。

・大学生の頃、日給5000円の日払いバイトをしていた。
 夕方お金をもらうとその足でレコード屋へ行く。
 ある日、T-REXのブートレグを5000円で購入した。
 テレグラムサムだけで30分というのが、興味を惹いた。
 曲なのは最初の5分くらいで、あとはパーカッションと
 グシャーーーーーっとした音と歓声、嬌声だけだった。
 ずっと謎だったのだけど、マーク・ボランがタンバリンで
 ギターをこするパフォーマンスをしているところだと最近知った。
 謎が解けても空しい。

・ダスキンの担当の人がしょっちゅう変わる。

・お迎えの車列。なんでみんなベンツなんだ。
 そして、最近の若い子は個性がないとか平気で言う。

・昔は良かったという時、多くの場合は、自分の感性、感覚の
 摩耗は棚に上げる。

・追突事故をおこした後に、制限速度で走っているバカとか
 黄色信号で止まるアホとか言うのはどうなんだ。

・玉置さんの再婚はちょっと驚いた。

・レッドカーペットでしか見かけない芸人も営業では20分くらい
 やるらしい。それを見てみたい。

・心霊写真に写るホコリみたいなものを「オーブ」と呼ぶのは
 僕が子供の頃はなかったと思う。

・劇団ひとりがいつの間にか文化人扱いされている。
 テレビでヨダレやツバを出していた時のことを
 僕はずっと忘れないよ。

・マイルスがやっていたモードという手法を説明してもらって
 半ば理解したつもりでいたのだけど、人には説明できない。
 やっぱり理解してないんだろうな。

・入り口がHR/HMで紆余曲折あって、今はジャズを聴いてます
 なんて人は、たいていHR/HMを下に見る。
 入り口がジャズだった人は、メタルを楽しむ余裕がある。

・実はファンクが好きだ。

・実はレッド・ホット・チリ・ペッパーズについては結構詳しい。

・トミー・フェブラリー、あると思います。

・誰かフェンダーのスーパー・チャンプ、10万で買ってくれないかな。

・某米国エフェクターメーカーの通販サイトがあったので
 日本まで送ってくれるか?と問い合わせたら、代理店があるので
 そこから買ってくれと言われた。
 値段が倍近い上に、本国では生涯保証なのに、こっちでは半年だし
 マニュアルだって翻訳されていないブツブツブツと文句を
 連ねたら、もっと詳しく教えろと返事が来た。
 そこまでの英語力はない。
 あとで調べたら、倍ってのは言い過ぎだった。すまんことをした。
 そこだけ訂正のメールをした律儀な僕。
 でも、保証が半年なのは解せない。半年じゃ壊れない。

・恥ずかしながら、エフェクターのLEVELツマミはOFFとONの
 音量を合わせるだけの用途だと思っていた。
 LEVELガン!と上げたら、ゾクゾクするような咆吼を
 あげるエフェクターが結構我が家にもあった。

・いろんなジャンルのミュージシャンが「おれは変わっている」と
 主張するけれど、ミュージシャンじゃない僕が客観的に見て
 一番変わっているのは(実際に会った人の中では)
 クラシック系だと思う。

・やたらと中国あたりの、また?的なニュースが流れるのは
 国策さんだろうな、やっぱり。

・特に音楽好きじゃない人にも名前が知れ渡っているアーティストの
 武道館公演の時、2階入り口脇の自販機の列の前で
 タバコすってる人のうち、10人に1人くらいは
 逮捕されても仕方ないものを吸ってると思う。

・メタルキッズは健全だ。
 
・確定申告近し

posted by bakune at 03:24| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

後始末ガデキナイ



ムスコに思いのほか受けたので記念に。
しかしこれ、後始末というか、終わった後どうしたら
いいんだろう。
セロはどうしてたかなあ。
セロはこんな簡単なのやらないか……
posted by bakune at 14:36| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ストラトデメタリタイ

ストラトでメタルというのは、今時、70年代に
青春期を過ごしたメンバーがやってるバンドくらいしか
思い浮かばず、そういうのって、メタルじゃなくて
ハードロックかい?的な音を出していることが多い。

でもさ、ストラトだと、ギター2本重ねた時に
割とスッキリまとまるんだな。いい感じになりやすいんだな。
(ええ、音の話です。腕前は全然別の話)

で、トライしてみた。
リフはなかなかスッキリしたと思うのだけど
ギターソロがなあ。
ちょっと歪みすぎ。
もう少し、爽やかな音にしたいんだけど……
音源のは、録音後に加工しました!って感じです。

でもさあ、メイデンなんかは、ライブの時は
どうでもいい音してるよね。(って誰に言ってる)

ま、試行錯誤すればいいんでしょうが、PODなので
イマイチ身が入らないちう話ですわ。



ギターはLindy付のストラト。

45歳。果敢にチャレンジしたスウィープ。
音がちゃんと出ていないのは今後の課題として
1音多かったですね。
あれ、足りないのか?
6弦12
6弦15
5弦14
4弦14
3弦12
3弦16
2弦17(最終音)
音数的には合うことになってますな。
あ、リズムの問題?

スゴスゴスゴ……れんしうれんしう。

それにしても、フレーズがいちいちダサイ。
リズムとかピッチの甘さは課題として
どうしたらいいんだろうなあ。

posted by bakune at 05:34| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

復活ノ儀

yasai.jpg

わし→嫁→ムスコ→わしとループした風邪及び
インフルエンザの一ヶ月がどうやら終わったらしい。
お祝いを兼ねて、近所の商店街のイタ飯屋さんへ。

画像は「生野菜のナントカ」。
嫁がいつも注文するが、名前を覚えられない前菜だ。
ツボに入っている暖かいソースというかタレに野菜を
付けて食べるんだが、これがクセになる。

絶品!とか、美味い!ではなく「クセになる」

ソースの味はなんて説明したらいいんだろう。
魚ソース?
オイルサーディンの缶詰をドロドロにした感じか。



1時間ほどギターも弾いたし。

でも、仕事はワヤだ。

なんとか仕事片付いたら、次は念願の焼き肉だ。
もう、ファミレスでもいいや。肉。
posted by bakune at 05:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

小売リ業ノ神秘


10万円の商品Aを買うときに下取りに出した商品Bの査定が7万だとする。
おおラッキーつって3万円プラスで望みの商品Aを手に入れたとする。
(楽器だと、下取りが7万ということは、そもそも20万くらいの
 ものだから、トータルで見るとラッキーだかなんだか)
客はこれで良い。

店はどうなんだろう。

面倒なので販売経費は除いて考える。

売価10万円の商品Aを普通に売ったときの利益を3万と仮定する。
下取り品に7万の価値を認めたということは
10万円のものを赤字の3万円に値引いて売って、かつ、7万円で
新しい商品(下取り品)を仕入れたってことになるんだろうか。
商品Aが売れた時点で現金3万円と仕入れ値7万のアンプが
残るわけだ。アンプかよ。

なんか、このあたりですでに間違ってるような気がするぞ。

商売上の習慣と経理上の仕分けはまた違うだろうしなあ。

いやー、もちっと粘ろう。

7万円で仕入れた中古品に14万の値段を付けて店頭に
出したら速攻で売れたとしよう。
この商いでの利益は7万円だ。
これを先の商品Aと結びつけてみると……現金決済分3万と
合わせると、おお、これにて一件落着?

と思ったら、その14万也の商品を買った客が査定額4万の
商品を下取りに出していたりして。

となるぉおおおお、わかりゃしません。

仕入れて売るという小売りの仕組みは、仕入れ無し商売の
僕にはちょっとわからない。
儲けた!稼いだ!ってのがすぐには分かりづらいのは
下取りシステムが当たり前と客が思っている分野では
当たり前のことなんだろうな。

そういうこととは別に。

ネットで買い取り価格などの情報が広がり易くなった
今、だからだろうか。
中古販売価格?てな上限額を挙げておいて
とにかく早く商品を送ってくれというようなことを
言ってくるお店がある。
送るとどうなるか……だいたい想像通りのことがおこる。
(恥ずかしながらわたくし一度勉強させて頂きました)

僕は1軒知っているので、日本全国に30軒はあると思う。
(根拠無し)
どんな分野でも、契約を急がせる店はロクなもんじゃありません。

結局のところ、Fece to Faceが一番ですな。
こっちもあっちも顔と名前が一致している店が一番安心。
楽ちんだし。

若い頃は地方都市ゆえ、楽器屋は数軒。
どこへ行っても顔見知り。
お金無いから滅多に買えず、それでもいやな顔もせず
あれこれ試奏させてくれたあの人、この人。
もしかしたら下取りで買い叩かれたことが
あったのかもしれないけど
相手は気づかせず、僕は気づかずor気づかないふり。
結局、無かったのと同じだろう。
行為の後で情報を仕入れるから後悔する。

時代は変わったが、僕も変わった。

昔と同じ程度に人と親しくなるには、相応の努力が必要になった。
相手が背負っているものが見えてしまう。

智に働けば角が立つ
情に棹せば流される
意地を通せば窮屈だ
兎角この世は生き難い


ああもう収拾がつかないっ!


おかげさまで昨夜10時くらい、平熱よりちょっと高いという程度まで
落ち着きました。
あと2、3、自宅謹慎です。
病中病後、不義理の数々お詫び申し上げます。

posted by bakune at 02:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。