2009年01月28日

無我ノ境地デ弾イテミタイ

1週間ほど前、誕生日だった。
プレゼントをもらった。
嫁は手袋をくれた。
居候母子はマフラーをくれた。僕はそんなに寒そうか。
ムスコは僕が切望していた「ムカデ」をくれた。(「どうぶつの森Wii」)

procell.jpg

自分で買ったのはコレ。
今年はこれで我慢。


んなわけあるかい!

LPCTM.jpg


早速録音だ。

作ったバッキングトラックは、天国のナンタラ風。



音。いい音だ!

しかしこの、ちょっと照れちゃうあのコード進行。
Am→G→FのFのところの工夫が、オリジナルのギターソロが
名演と言われる所以なのだろうが、まあ、そういうのは無視。
考えないと弾けない。
考えても反復練習をある程度こなさないと覚えられない。
結局いつもと同じ指からでまかせ。

指からでまかせなんだけど、そんなソロにも物語がある。
これはその約1分の、ちょっと泣ける話。

■開始からリアピックアップで快調に飛ばしたが、30秒、出来心で
 アルペジオ(遅いスイープ)にトライし、こける。
 弾こうという邪念が生じた時点ですでにこけているが
 それでもトライする。
 トリノ五輪女子フィギュア金メダリストの荒川静香氏は
 「練習での成功の確率が5割あったら本番でもトライする」と言っていた。
 5弦ルートを小指で始めるフォームのマイナー型だと僕の成功確率は6割なので
 くどくどくど……ああ、結果が全てさ。
■36秒あたりでボリュームを落としたフロントピックアップへ。
 このあたりの気分はマジソン・スクウェア・ガーデンのジェリー・ガルシア。
 しかし長くは続かない。
■52秒から再びリアピックアップに戻す。しかしここで問題が。
 5弦12FルートのAマイナーペンタのボックスポジションに来てしまった!
 僕はここが苦手だ。ジミーペイジはここの使い方が非常にうまい。うまいのを
 知っていてもコピーしたことはないから同じだ。
 チョーキングして魔法を待つが早々に撤収。無い袖は振れぬ。
■これはとても良いギターなんだけど、6弦15Fルートの
 Aマイナーペンタのボックスを弾こうとすると、ちょうどネックジョイントが
 邪魔になってしまい、1弦、2弦、せいぜい3弦を弾くのが精一杯。
 よって、ネックを握り込まないと(僕は)弾けないロック的なフレーズは使えない。
 1:00あたり。アルペジオを弾きながら、その15Fボックスへ移動する
 機会を伺う。さらに6弦5Fボックスまで下がって様子をうかがう。
 あそこで何を弾けるのだろう?
 少なくともあの有名なキメフレーズはいけるんじゃないか……と胸一杯の不安。
■1:11秒。ついに僕は行った!飛んだ!
 ギク。シャク。ギク。シャク。フレーズが途切れる。
 そして、予定より早くキメフレーズの音型になってしまう。あわわわわ。
 先代引田天功の脱出シリーズで、予定より早く爆発が起こる、あのお約束が
 脳裏をよぎる。松岡きっ子の悲鳴が聞こえる。
 明らかに迷いながらキメフレーズを弾いてしまったオレ。
 動揺して、他のポジションに移れず、そのままギクシャク。
 リカバリー不能。フェイドアウト決定。


posted by bakune at 03:01| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。