2008年12月12日

タイムスリップ

ogikubo.jpg

昨夜、20代を過ごした会社の先輩同僚後輩が
集まった忘年会があった。
いつもは新宿なんだけど、いろいろな都合が重なり
その会社があった荻窪でやろうということになった。

んで、店は、20代半ばから会社を辞めるまで
通い詰めた店。
この店、それほど安いわけではない。
当時の給料で通い続けることができはのは
たいてい誰かが奢ってくれたからだ。
上司や、先輩にくっついて行っていた。
時には待ち伏せしたこともあるな……

フト思うと、当時おごってくれた諸先輩は
今の僕より年下だ……。
給料だって、それほど高かったわけじゃ
ないんだろうな……
うーん、なんだか申し訳ない気持ちに
なってきたぞ。
時効。

10年以上ぶりに店に行くと、社長(店主)は
僕たちのことを覚えていてくれた。
この店は他では飲めない珍しい日本酒が売りだ。
社長の日本酒にかける情熱は、マニアックというか
オタクと言うか……蘊蓄を聞いているだけでも
楽しくなってくる。

社長が語る日本酒の素晴らしさをビール飲みながら聞く。
社長「よーし、今日は飲ませてあげるよ!」
と、サービスで振る舞ってくれる。
面々「いやー、うまい! これはスッキリしててうまい!」
社長「でしょ!? でしょ!!!」
面々「じゃ、生ビールおかわり」
社長「ああ、あんたたち昔からそうだったよね!」

そうなのである。
ひたすら生ビールを飲み続けるのである。すまん。

一通り昔話で笑った後、誰かがボソっと言った。
昔は良かったなぁ……

僕は同意しつつも、今はもっと楽しいんだけどねと
思った。
口に出そうかと思ったけど、人生、いろいろ。

あの頃と同じように、最後の客になってしまい
社長に追い出されて、少し変わってしまった荻窪を歩く。
当時は無かった、朝までやっている店に
入って、唐揚げをツマミに、やっぱりビールを飲んだ。

荻窪いちべえ日本酒がお好きなら、ぜひ。
posted by bakune at 18:16| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。