2008年12月16日

毎年恒例

ああっ!
クリスマスまで、とか、年末まで、とかのタスクが多くて
どうしたらいいかわからない!
個々の内容は、手を動かせばなんとかなりそうだけど
どの順番でやるのがいいのかわからん。
整理だ、整理!

まずは部屋の整理から。基本。

fdcp.jpg

う……僕的には結構片付いている……
posted by bakune at 19:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

クリスマス前

夕方、運動不足解消のための散歩へ行った。
じいさんか、僕は。
散歩のための外出なんて生まれて
初めてかもしれない……

ムスコを付き合わせた。
途中、近所の中学校の石垣に登り始めたムスコ。

「5歳のときは登れなかったけどね。
 6歳だから登れるからね」

なるほど、手際よく登っていくが、途中で
丁度良い足場が無くなり進退窮まる。

spiderboy.jpg

実は彼の足下、50cmには地面があるのだが
顔が石にくっついて下を見られないのと
自分はずいぶん登ったという意識が合わさって
3Mくらいの高さにいると思い込んでいたようだ。

情けない声を収録すべく、動画を撮影しようと
思ったが、携帯の操作が分からなかった僕。

letter.jpg

そんな彼もサンタに手紙を書く。
どうぶつの森(Wii)が欲しいそうだ。

立ち読みして面白かった子供大百科図鑑が
良いと思っていたんだけどな。

どっちがいいのかしらね。

嫁も手紙を書くと言っている。
これは怖い....
posted by bakune at 04:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

タイムスリップ

ogikubo.jpg

昨夜、20代を過ごした会社の先輩同僚後輩が
集まった忘年会があった。
いつもは新宿なんだけど、いろいろな都合が重なり
その会社があった荻窪でやろうということになった。

んで、店は、20代半ばから会社を辞めるまで
通い詰めた店。
この店、それほど安いわけではない。
当時の給料で通い続けることができはのは
たいてい誰かが奢ってくれたからだ。
上司や、先輩にくっついて行っていた。
時には待ち伏せしたこともあるな……

フト思うと、当時おごってくれた諸先輩は
今の僕より年下だ……。
給料だって、それほど高かったわけじゃ
ないんだろうな……
うーん、なんだか申し訳ない気持ちに
なってきたぞ。
時効。

10年以上ぶりに店に行くと、社長(店主)は
僕たちのことを覚えていてくれた。
この店は他では飲めない珍しい日本酒が売りだ。
社長の日本酒にかける情熱は、マニアックというか
オタクと言うか……蘊蓄を聞いているだけでも
楽しくなってくる。

社長が語る日本酒の素晴らしさをビール飲みながら聞く。
社長「よーし、今日は飲ませてあげるよ!」
と、サービスで振る舞ってくれる。
面々「いやー、うまい! これはスッキリしててうまい!」
社長「でしょ!? でしょ!!!」
面々「じゃ、生ビールおかわり」
社長「ああ、あんたたち昔からそうだったよね!」

そうなのである。
ひたすら生ビールを飲み続けるのである。すまん。

一通り昔話で笑った後、誰かがボソっと言った。
昔は良かったなぁ……

僕は同意しつつも、今はもっと楽しいんだけどねと
思った。
口に出そうかと思ったけど、人生、いろいろ。

あの頃と同じように、最後の客になってしまい
社長に追い出されて、少し変わってしまった荻窪を歩く。
当時は無かった、朝までやっている店に
入って、唐揚げをツマミに、やっぱりビールを飲んだ。

荻窪いちべえ日本酒がお好きなら、ぜひ。
posted by bakune at 18:16| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

シンプルライフヘノ憧憬

いくらなんでもギターが多すぎるだろうってんで
売りに行ったわけです。
「買い取り希望」
そしたら望外な値段がついたのです。

おまけにそのお店、セール中で……
急遽「下取り希望」に軌道修正。

blkstblo.jpg

ああ、同じ型の仕様違いが好き。



演奏、ガッツが足りません……
ガッツ、最近言いませんね、そういえば。
チョーキングばかりであやふやなピッチもガッツがあれば
なんとかなると思うんですが。

機材はド深夜だったのでPODを使用。

いくらなんでもギターが多すぎるだろう……
この部分は何も変わっていないわけです。ええ。
posted by bakune at 15:53| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

摩訶不思議ナ状況デス

諸般の事情で、今、僕の家には居候がいる。
嫁系親戚。
ママとその娘(小3)。

パパはどうしたんだ?という話なんだが
まあ、そのあたりが諸般の事情。
よくある話である。

そろそろ3週間になろうとしている。
このままうちで年を越すらしい。

僕はそこそこ忙しいので、大抵地下の仕事場に
籠もっている。
彼女たちと接するのは食事の時くらいで
僕の生活にはあまり変わりはない。

で、この娘の方が、ムスコの相手と世話を
よくしてくれるのである。
ゲームの対戦もしてくれるし、本も読んで
くれるし、折り紙も縄跳びも教えてくれる。
風呂も入れてくれるし、一緒に歯を磨いて
寝る前には本も読んでくれる。
ムスコの理解度に関係なく、普通に話しかけるので
ムスコの語彙も増えた。
脱いだ服もたたむようになった。

僕がいかに何もしていないかを思い知らされた……

そして……いつの間にかムスコは彼女を
「おねえちゃん」と呼んでいる。
彼女が仕込んだらしい。
(彼女も一人っ子だ)

その二人の様子を見ていると、ああ、姉弟って
こういうものなのかな、と思う。
一姫二太郎って奴?

なんだか、いい。
心暖まる風景ってやつだ。

でも……大丈夫なのかな。
引き離すのが可哀想だな。
いつか、そうなるんだろうな。

うーむ。

いや、ちょっと待て。
僕の生活は結構変化しているぞ。

彼女たちは、寝室のベッドの足下に布団を敷いて眠っている。
時々娘の方が僕の場所で寝るので、僕の寝場所がない。

僕は大抵、みんなが起きてからベッドに
潜り込むので支障はないが、それでも
時には午前4時くらいには眠りたいと
思うこともあり、そういう時はソファで
寝ちゃうんだが、フと目を覚ますと
朝が早いママと娘が僕を起こさないように
遠慮しながらご飯作ったり食べたりしており、
何故か僕の方が申し訳ない気分になるわけであり。

あとはなんだ。

そうだ。
これまでうちは男二人と女一人だったので
トイレで小をした後、便座は上げっぱなしでも
誰も文句は言わなかったのだが、それが変わった。
今度から罰金をムスコは5円、僕は500円取られるらしい。
僕はともかく、ムスコが払えるか心配だ。

この間、嫁とムスコが外出してしまい、
家にはママと娘と僕だけになった。
ママが昼飯を作ってくれて3人で食べた。
ご飯は普通においしくて、娘も普通に
話しかけてきて、ママも交えて、
小倉さんは本当にカツラなんだろうかとか
そんな話をした。
そのあと、ママは後片付けを始めたので
僕は娘と一緒に録画しておいた29歳のクリスマスを見た。
娘はイオンのCMの人(山口智子)くらい髪を
伸ばしたいと言い、僕は松下由樹の髪型の方がいいと答え、
ママは、今どきあんな髪型はあり得ないですよ〜と
楽しそうに笑った。

不思議な感覚だった。

嫁よ、ムスコよ、早く帰ってきて
現実の存在だと確認させてくれ、と思った。

こうして書いていると、なんだか異常な
状況だという気がしてきたな。

posted by bakune at 04:37| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。